天才・ビートたけしの作品展がヤバいぐらい面白い! 夏休み中に行かないと絶対損するわ(笑)

ロケットニュース24 / 2012年7月13日 13時0分

天才・ビートたけしの作品展がヤバいぐらい面白い! 夏休み中に行かないと絶対損するわ(笑)

ビートたけし(北野武)さんといえば、お笑い芸人としてよりも映画監督や芸術家など、どちらかというと芸術の方面で活躍していることで有名かもしれない。

でも、昔からのたけしさんのファンからすると「風雲たけし城」などの今やると絶対問題になってしまうぐらいぶっ飛んだたけしさんがまた見たいッ!という人も少なくないはずだ。

そんな芸術家の北野武さんが好きな人も、お笑い芸人のビートたけしさんが好きな人もどっちも大満足できちゃうようなイベントが、現在東京オペラシティ アートギャラリー(初台)で開催されているのをご存知だろうか!?

その名も『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』。たけしさんの笑いのエッセンスも芸術のエッセンスもどっちも詰まった、たけしファンなら絶対行かないと損する超ステキな作品展が9月2日までやっているぞ!

記者は今回特別にBEAT TAKESHI KITANO絵描き小僧展のプロモーションに参加させてもらえることとなり、ワクワクで会場に向かったのだが、そこでは私の想像を超越するぐらいパネェ作品が超たくさんあったのだ!

みんなに見せたいので無我夢中で作品をパシャパシャ撮影した(特別に撮影の許可をいただいており、通常は撮影不可)のだが、なかには一見普通の作品に見えてビックリするような仕掛けも思わず吹き出してしまうような仕掛けも盛りだくさん。正直ネタバレしてしまいたいのだが、展示会に行く人たちのために黙っておくことにしよう(笑)

もちろん面白い展示だけでなく、あのバイク事故が起きた1994年からリハビリを兼ねて描き始めた、アーティスティックな作品もたくさんある。花畑牧場の生キャラメルのパッケージに使用された絵や北野画伯の自画像など、どこかで見たような作品を見つけるとちょっと楽しい。

また、見ただけで笑ってしまうのが大日本帝国海軍・陸軍の秘密兵器たち。クジラとゼロ戦が合体した謎の飛行機や、ゾウにいかつい銃がたくさん付いたワイルドな兵器は動物保護団体に怒られそうなレベルだ。

その他にも「なぜ恐竜が絶滅したのか」や、「名匠が描いたモダンアートのようだが実は○○が描いている絵」、「牛面魚」など、ビートたけしの感性があってこそできた作品もここでは紹介しきれないほどある。

たぶんみんな行けば大満足すると思うが、この感動を家まで持って帰りたい!というほど熱烈なたけしファンになってしまった人は隣接の売店でたけしさんと所ジョージさんがコラボして一躍話題になった雑誌「FAMOSO」やグッズをお土産にして家でまた楽しもう。

ちなみにオペラシティ地下にはレストラン街もあり、ちょっと歩くと代々木公園や新宿中央公園などもある。新宿駅からも近いので、アクセスも抜群だ。

最後になってしまったが、実はこの作品展、日本で行う前にフランス・パリで開催され、カルティエ現代美術財団のゼネラルディレクターであるエルベ・シャンデス氏も絶賛のコメントをしている。

とにかく天才・たけしの作品は芸術の本場フランスでも通用する、スゴいものってことだ! 今年の夏は『BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展』行かないと一生損するかも!? 終了日は9月2日なので、夏休みの間に行かないと間に合わなくなっても知らんぞーっ!!

参考リンク:BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展

写真:ロケットニュース24
(c) Office Kitano Inc.


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング