【日曜大工】パパ大好き! 子どものために自家用車を改造してプールにしちゃったパパ

ロケットニュース24 / 2012年7月16日 8時0分

【日曜大工】パパ大好き! 子どものために自家用車を改造してプールにしちゃったパパ

暑い。こう暑いと行きたくなるのが、プールだ! 小さなお子さんがいる家庭では、ベランダや庭でビニールプールを出している頃だろう。

ビニールプールよりもっともっと なプールを作ったパパが話題となっている。なんと、自家用車を改造してプールにしてしまったのだ。もちろんこの「プール号」は自動車としてもバンバン公道を走ることが可能だ。

「プール号」は、一見普通のワゴン車だ。しかし、後ろを見てビックリ! なんと運転席のすぐ後ろが水が溜められている。まさに走るプールである。

プール号の製作者は中国浙江省温州市の周祥さんだ。プールは彼の息子・宇航くん(6才)のために作ったものである。周さんは自営業だ。自営業に休みはない。宇航くん「パパ遊んで~」「どこか連れて行って~」とおねだりしても、「DVDでも見ていなさい」と言うことしかできず、それを心苦しく思っていた。

そんなある日、ふと家の前に止めてあったワゴン車を見て思い立ったそうだ。「どうせあんまり使ってないんだし、いっそのことプールにして宇航を喜ばせてやろう!」

早速、車の後部座席を全てとっぱらい、ワイヤーやビニールを使ってプールを作りあげた。タテ1.7メートル、ヨコ1.3メートル、深さ0.2メートル。家庭用のビニールプールよりも広い。子どもが遊ぶに十分な大きさだ。

周さんは「小さな子は水遊びが好きでしょう?でもなかなかプールや海に連れて行くことができません。かと言って、子どもだけで行かせるのも心配です。車をプールにすれば、安全だし子どもも喜ぶと思ったんです」と話す。

パパお手製のスペシャルなプールに宇航くんは大喜び!「涼し~い!! 気っ持ちいいよ~!!」と大はしゃぎである。もう毎日、プールに入って遊んでいるそうだ。たちまち近所で話題となり、近所の子ども達も遊びに来るほどとのこと。周さんは宇航くんにとって自慢のパパだ。

水漏れなど懸念される点もないわけではないが、ほほえましいニュースである。「仕事で忙しい」=「遊んであげられない」ではない。アイディア次第で、遠出しなくても子どもとコミュニケーションがとれる。子どもを楽しませることができるのである。

参照元:四川在線video.sina


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング