科学者が「今後100年以内に宇宙人が姿をあらわす可能性」を指摘 / どのように対処するべきなのか?

ロケットニュース24 / 2012年7月18日 19時0分

科学者が「今後100年以内に宇宙人が姿をあらわす可能性」を指摘 / どのように対処するべきなのか?

もしも宇宙人が人類の目の前に姿をあらわしたら、われわれはどう対処するべきなのだろうか。UFOやミステリーサークルなど、その存在を匂わす証拠はいくつもあるのに、いまだに宇宙人の正確な目撃情報は表沙汰にされていない。

しかし科学者らは、今後100年以内に宇宙人が何らかのコンタクトを試みる可能性を指摘している。ではいったい、人類はどのようにして彼らと接触するべきなのだろうか?
 
2012年7月11日から5日間の日程で、ドイツ・ダブリンで開催された「Euroscience Open Forum conference 2012」で、英国の女性天文学者ジョセリン ・ベル ・バーネル氏は、今までよりも踏み込んだ宇宙人対策を考える必要があると提唱した。

「次の世紀が到来するまでに、宇宙人はわれわれ人類に、何らかの接触を求めてくると考えます。そのための備えは十分と言えるでしょうか。また、実際にアプローチを受けた場合に、どのように接するべきかについて十分な考えを持っているでしょうか。彼らを動物園に入れるべきか、もしくは新たな食料源にすべきか、軍を送りこんで民主主義的に交渉する道を模索するのか」
 
オックスフォード大学の研究者は、宇宙人が存在する可能性のある星は存在し、その星の住人に対して人類は何らかの意思表示をする準備をしなければならないと指摘。「もしも、人類の存在を明かすとするならば、誰が最初に彼らに声明を送るのが相応しいのでしょうか。マスメディア(プレス)? 首相や大統領? 法王? そろそろ考え始めなければならないでしょう」
 
いずれも冗談のような話に聞こえるかもしれないのだが、本当に考えておかなければならないようだ。というのも、イギリス王立協会が2000人の男女を対象に調査したところ、約半数の44パーセントの人が宇宙人の存在を信じており、そのほかの調査でも3分の1以上の人が宇宙人の接触のために準備が必要と感じているのである。

もはや映画だけの話ではなく、そう遠からぬ未来に宇宙人がわれわれの前に姿をあらわすかもしれない。はたして、人類は「そのとき」どのような選択をするのだろうか? もしかしたら、あなたの前に宇宙人があらわれるのかもしれない……。

Illustration:Rocketnews24
参照元:MailOnline(英語)


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング