ネイディブ・アメリカンはヨーロッパ人によって、どのようにしてその広大な土地を失っていったのか

ロケットニュース24 / 2012年7月24日 9時0分

ネイディブ・アメリカンはヨーロッパ人によって、どのようにしてその広大な土地を失っていったのか

1492年にクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見して以来、ヨーロッパ人がその国土に進出した。先住民族(ネイティブ・アメリカン)はヨーロッパ人が進出するよりもずっと前から大陸で暮らしていたのだが、その居住区域は西へ西へと追いやられていき、1895年には全体の10パーセントにも満たない領域まで狭められる結果となった。

その移り変わりを、とあるネットユーザーがGIFアニメーションで再現している。ヨーロッパ人の進出が先住民族にとって、どれだけ脅威であったか容易に理解できるだろう。

このアニメを公開したユーザーは、ルイジアナ州立大学のサム・B・ヒリアード教授の手がけた地図を元に制作したという。1784年にヨーロッパ人の進出が始まり、1850年には先住民は国土の西半分まで追いやられていく。さらに、1860年には西海岸からも進出が始まり板ばさみ状態に。1881年には約156万エーカーまで急落した後に、アメリカ合衆国の管理下の保留地(Reservation)が設けられた。

1955年の段階で、先住民の居住区域は元のサイズのわずか2.3パーセントになってしまったという。このアニメは現代に生きる私たちにとって、多くのことを伝えているのではないだろうか。

参照元:sunisup.tumblr.com(英語)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング