トイレットペーパーが公衆トイレにない! そんなときに有利なのは男子より女子

ロケットニュース24 / 2012年7月30日 23時0分

誰しも糞尿を漏らすことがあります。それは大人になってもあることであり、きっとあなたの隣にいる人も、大人になってから糞尿を漏らした過去があるはずです。そしてあなたも、漏らしたことがあるでしょう。

いちばん悲しい糞尿トラブルのシチュエーションですが、街を歩いていて急に糞尿がしたくなり、急いで駅やデパートのトイレに入って便器に糞をぶちまけたものの、備え付けのトイレットペーパーがないという状態です。これは非常に困ります。皆さんにも経験があるはずです。

さて困りました。糞をぶちまけてスッキリしたのはいいのですが、肛門を拭くトイレットペーパーがないのです。そんなときは、緊急事態の処置として以下のものがトイレットペーパーのかわりになります。
 
・トイレットペーパーの代わりになるもの
1. くつした
2. ストッキング(女性のみ)
3. パンツ
4. ブラジャー(女性のみ)
 
つまり「ないと不便だけど、なくてもなんとか大丈夫」という衣類をトイレットペーパーがわりとして使用するのです。肛門をふいたあとは、もったいないのですが汚物入れに捨てます。そのような状態のとき、女性のほうが身につけている衣類が多い分、男性より有利な状態といえるでしょう。

男性はくつしたとパンツくらいしか、トイレットペーパーとして使用できません。私の知人に靴の裏を肛門になすりつけて糞を取り除いたツワモノもいましたが、その後、肛門が炎症をおこして大変なことになりました。

とにかく、いつ自分にふりかかる災難かわかりません。最近は、盗まれるためにトイレにトイレットペーパーを設置していないところもあるようです。できれば、いつもポケットティッシュくらいは持ち歩きたいですね。


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング