【やや閲覧注意】トイレの便器にへばりつく「音楽的な毛」が激写される

ロケットニュース24 / 2012年8月5日 8時0分

【やや閲覧注意】トイレの便器にへばりつく「音楽的な毛」が激写される

女性トイレは分からないが、男性トイレにおける「毛」の落下率はかなり高い。和式、様式問わず便器には毛がよく付いてる。立式便器のてっぺんに毛が付いていることもあり、一体どのようにしてそこに付着したのかは謎だ。

いずれにしても、他人様の「落下毛」を目の当たりにして、あまり嬉しいとは思わない。いや、まったく嬉しいとは思わない。むしろ不快であるのだが、海外のブログサイトに掲載されている「便器の毛」は、あまり不快には感じない。

なぜなならば、毛が奇跡的にクリンクリンと丸まって、音部記号の「ト音記号」になっているからである。なんという奇跡。メロディーさえ感じてしまう。思わず歌い出してしまいそうだ。画像の投稿者も思わず写真をパチリであろう。

ちなみに、男性が生活している部屋、特にクローゼットの部屋などには、ほぼ100%の確率で陰毛が落ちている。いくら掃除しても、必ずどこかに落ちている。落ちていなくても、ありえない高所に紛れていることもある。

あれは一体なぜなのか。たんぽぽの種のように、フンワリと浮遊しながら移動しているのであろうか。謎多き「落下した陰毛の動き」について、いずれ調査してみたいところである。

(文=GO
参照元:boingboing(英語)

画像をもっと見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング