17年ぶりに帰ってキターーッ! 2013年公開の『ドラゴンボールZ』新作映画に世界がハチャメチャに興奮中!!

ロケットニュース24 / 2012年8月9日 13時0分

17年ぶりに帰ってキターーッ! 2013年公開の『ドラゴンボールZ』新作映画に世界がハチャメチャに興奮中!!

みなさん、大ニュースだ! ついにヤツが帰ってくる! そう、みんなのヒーロー孫悟空が帰ってくるぞーーーーーーッ!

悟空が帰ってくるのは、2013年3月30日公開の新作映画『ドラゴンボールZ』で、前作の劇場版『ドラゴンボールZ』から17年ぶりの新作となる。

この大きな注目が集まる新作映画には、『ドラゴンボール』の原作者・鳥山明先生もかなり力を入れているらしく、映画公式サイトには、以下のような鳥山先生からのコメントが紹介されていた。

【鳥山明先生からのコメント】
珍しく、というより初めてアニメーションに脚本の段階から深く関わらせてもらいました。
なにしろ久しぶりだったので忘れていることも多かったのですが、さすが原作者、すぐにテンポだけは思い出すことができました。
今回の映画は、オリジナルの雰囲気はそのままに、ほんの少しだけ味付けを現代風にして、昔どおりの楽しい娯楽作品になると思います!
(以上、映画公式サイトより引用)

そしてみんなが待ちわびていた悟空の復活に、世界中のネットユーザーが大興奮しており、今作のトレーラー動画には、次のようなコメントが寄せられていた。ちなみに、このトレーラー動画にコメントを書き込んでいるユーザーは、日本ユーザーより海外ユーザーのほうが圧倒的に多い。

【トレーラー動画に寄せられていたコメント】
「悟空が帰ってきた! 鳥山明先生ありがとう!」(コロンビア)
「オーマイガー! オーマイガー! オーマイガー! オーマイガー! オーマイガー!」(ブラジル)
「俺たちの救世主が帰ってきた!」(アメリカ)
「冒頭を見た時、『なんだ、他の実写版か』と思った。そして悟空がズームアップされた瞬間、興奮して、鳥肌が立って、女の子みたいに叫んじまった」(アメリカ)
「悟空は僕のヒーロー」(ブラジル)
「ヤッッッッッターーーーーーーー!」(アルゼンチン)
「ネタバレ注意:クリリンが死にます」(セルビア)
「これを見た後、俺の気がどんどん上がっている」(メキシコ)
「スゲーーー! これがドラゴンボール映画の正しい作り方」(チリ)
「これを見る体の準備はできたぞーーー!」(ドイツ)
「悟空がズームアップされた時、鳥肌が立った人は『ナイス!』ボタン押して! 公開が待ちきれない!」(国籍不明 / このコメントには28回『ナイス!』ボタンが押されていた)
「ネタバレ注意:ヤムチャは、めちゃくちゃに弱いです」(アメリカ)
「これを見た後、俺はスーパーサイヤ人になった」(ベトナム)
「オーマイガー! これは最高の映画になる! 史上最高の!」(ノルウェー)
「今年で最も幸せな37秒!」(チリ / 37秒はトレーラー動画の再生時間)
※( )内は、コメント投稿者の居住国

アニメが世界40カ国以上で放映され、まさに全人類が待望していた新作映画『ドラゴンボールZ』。今作品では、一体どんなストーリー、そしてバトルが繰り広げられるのだろうか? あー、早く悟空に会いたい! そして一緒に「かめはめ波ーーーーッ!」って、叫びたい!

(文=田代大一朗

参照元:YouTube/cinematoday, 映画『ドラゴンボールZ』公式サイト


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング