【猫虐待死問題】通報したNPO法人に警察官が 「警察を冒とくするなら録音する」「ろう城になるから帰れ!」と発言

ロケットニュース24 / 2012年8月22日 21時0分

広島市南区の30代男性が、猫12匹を殴殺した疑いがもたれている問題で、現場に立ち会った警察官の対応が物議をかもしている。男の猫殺害が発覚したのは、NPO法人「犬猫みなしご救援隊」の調査によるものだ。

同団体のブログには、駆けつけた広島県警東署の警察官は「(男は謝罪し)もうしないって言ってるから許してあげたらどうか」と、団体スタッフに持ちかけたとつづられている。そして同団体の代表に電話取材したところ、「警察に対する冒とくだ。話している内容を録音する」とし、その後に「(長時間の滞在は)ろう城になるから早く帰れ!」と言ったという。

このことについて、広島県警に電話で問い合わせてみた。ここまでの流れをもう一度整理しよう。
 
2012年8月14日
同団体に市から引き取った猫を虐殺している人物の情報が入る

8月17日13時30分頃
同団体は人物を特定し、男宅に訪問。本人の承諾を得て室内に立ち入る

同日18時30分頃
男が猫の殺害を認めたため、警察に通報

8月21日
動物愛護法違反と県動物愛護管理条例違反で、広島県警が捜査を始めたことが報じられる
 
そのときの状況を伝えるブログによると、警察官は男が謝罪しているのを受けて、「許してあげたらどうか」とスタッフに話したそうだ。
 
「広島県警の警察官は「もうしないって言ってるから許してあげたらどうか」……とウチのスタッフに言いました」
「「絶対に許さん!」……とおらぶ(怒鳴る)私(団体代表中谷さん)に広島県警は「謝っているじゃないか」……と一喝。そればかりか「中谷さんね、どうしても逮捕させたいなら証拠を揃えて警察署に提出しなさい。自分たちは現見(現場を目撃すること)をしていないからどうしようもできん……と言うとるでしょ」……と言う」(以上、団体ブログより引用)
 
そのときの状況について代表の中谷さんに尋ねると、「警察官は “警察に対する冒とくだ。話している内容を録音する” と言い出しました」。中谷さんはこれにひるむことなく、さらに怒号を飛ばして警察を叱責し、男に対する怒りをぶちまけたという。さらに警察官は「(長時間の滞在は)ろう城になるから早く帰れ!」と追い払うような素振りを見せたとのことである。

この録音・ろう城発言について、広島県警広報課に問い合わせたところ「任意捜査であるため、状況を把握していない」と回答した。念のため、「 “警察に対する冒とく” を理由に、録音することは良くあることか?」と尋ねてみると、通常は「捜査に関係のあると思われる証言であれば、録音を申し出ることがある」と説明している。

壁やシーツが血に染まったワンルームマンションの一室で、捜査に立ち会った警察官は何を思っていたのだろうか。とにかく速やかに、猫虐待死の全容が解明されることを願う。

参照元:犬猫みなしご救援隊ブログ


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング