万引き犯を捕まえたらズボンの中から生のソーセージが出てきたでござる

ロケットニュース24 / 2012年8月27日 20時0分

万引き犯を捕まえたらズボンの中から生のソーセージが出てきたでござる

万引きは店側にとって頭の痛い問題だ。手口も巧妙化。万引き犯の中にはゲーム感覚で商品を持ち出す者もいるというが、どんなに少額であっても、万引きは犯罪である。

8月中旬に、とんでもない手口の万引き犯が逮捕された。警察の発表によると、犯人の男はむき出しのソーセージをズボンの中につめこみ、店外に持ち出そうとしていたのだ。

事件が起きたのはアメリカのペンシルバニア州にあるスーパーマーケットだ。8月中旬のある日の深夜、このスーパーの店長は店内の通路で怪しい動きをしている男に気が付いた。そして、店長は男がズボンの中に商品をねじこむ瞬間を目撃したのだ。

その後、男は買い物客を装い、いくつかの商品を購入した。だが、ズボンの中身については支払いをせず店を離れようとしたのである。

店側はすぐさま警察に通報。男は現行犯で逮捕された。そして男の体を調べたところ、なんとズボンの中からソーセージがむき出しの状態で出てきたのだ。この男はソーセージをわざわざ袋から取り出し、直接、中につめこんでいたのである。

警察の発表によると、盗まれそうになったソーセージは6ドル(約470円)だという。実際に食べるために盗もうとしたのか、それともスリルを楽しむためだったのか、詳しい動機は不明だ。また、男には万引きの前科があるとのこと。同じ手口で窃盗を繰り返していたのだろうか……。

なお、警察は男が持ち出そうとしたソーセージは破棄されたとも発表している。人の下半身に入っていたものなど誰だって食べたくはない。店側としても、ソーセージは断じて商品棚には戻していないことを強調したいところだろう。

参照元: centredaily

photo:Rocketmews24.


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング