【iPhone5】 イヤホンのデザインを全面リニューアル? 製造拠点も中国からベトナムに移行か

ロケットニュース24 / 2012年9月3日 13時0分

【iPhone5】 イヤホンのデザインを全面リニューアル? 製造拠点も中国からベトナムに移行か

9月12日に発表されると見られている、次世代スマホ「iPhone5(仮称)」。そのデザインや機能については各所で様々な情報が飛び交っている。そんななか、本体だけでなく付属のイヤホンもデザインが全面変更されると海外メディアが報じた。しかも、イヤホンの生産拠点は中国からベトナムに移行されるというのだ。

一報を報じたのはベトナムのニュースサイト「Tinhte」だ。同サイトは動画つきで新デザインとされるものを公開した。

新しいイヤホンは、従来の馬の横顔のようなデザインだ。シリコンキャップこそついていないものの、カナル型を彷彿とさせるデザインである。従来のものより軽量化されており、音もクリアになるそうだ。

ヘッドホン部分はフォックスコン・ベトナム工場で、ケーブル部分も同じくベトナムにあるPhax Coの工場で作られたものだという。旧製品は、一部はベトナムで製造されていたものの主に中国で製造されていた。新しいイヤホンのケーブル部分には「Designed by Apple in California. Assembled in Vietnam.」と印字されており、イヤホンはオールベトナム製になるのではないかとのことである。

このイヤホンの真偽のほどは確かではないが、Tinhteは素材やデザイン性などからは本物だと確信しているそうだ。iPhone5、はいずれにせよ9月12日に行われるとされている公式発表を待たなければならないだろう。

なお、アップルの純正のイヤホンは音質については評判が良い一方で壊れやすいという指摘もある。記者もゴム部分の劣化・ワイヤー露出により1年間に2回買い替えを余儀なくされている。新しいイヤホンは壊れにくいものであってほしい。

参照元: Tinhte(ベトナム語)、 Forbes(英語)


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング