【伝説野球動画】イチローのスゴさが一撃で分かる動画「イチローがバントでホームラン」

ロケットニュース24 / 2012年9月7日 11時0分

【伝説野球動画】イチローのスゴさが一撃で分かる動画「イチローがバントでホームラン」

まず最初に書いておくが、これはランニングホームランではない。

日本野球界の宝といえば、大リーグで活躍するイチロー選手である。イチロー選手の何がどうスゴイのかは、今さら説明する必要もないだろう。数々の記録と伝説を残し、今なお活躍し続ける “生きる伝説” である。

公式な記録以外にも、ネットの世界では様々なイチロー伝説が語り継がれている。たとえば「イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない」「内野ランニングホームランなんてザラ、2周することも」といったもの。常識的に考えればありえない。だが、イチローなら「ありうる」のだ。

そんなイチロー伝説のなかでも、映像として残された幻のプレイがある。ネットにアップされている動画のタイトルは、ずばり『イチローがバントでホームラン』だ。シアトル・マリナーズ時代の映像である。

舞台はもちろん大リーグ。相手は松坂大輔も所属しているボストン・レッドソックスだ。打席に立ち、侍のごとくピッチャーを見据えるイチロー選手。そしてピッチャーは第一球を投げたっ……と思ったら、すかさずバントの構えを見せるイチロー! 当然ながら、ボールをとらえる!

――と、次の瞬間!!

ボールは見事なアーチを描き、一直線にスタンドめがけてカッ飛んでいったのである。しかも2ランホームラン。イチローがバントでホームラン。イチローがバントで2ランホームランであるッ!! バントでホームランを打ってしまうとは、さすがはイチロー。もはや、ぐうの音も出ない。

――しかし……!

注目すべきは、ダイヤモンドを回るイチロー選手の表情である。あまり嬉しそうではないように見えるのだ。その理由はおそらく、「イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない」、つまりバントに失敗したからだ。もしかすると、伝説の「2周ランニングホームラン」を狙っていた可能性もある。その答えはイチローにしか分からない。

バントでホームランといえば、ファミコンの野球ゲームの名作『燃えろ!!プロ野球』の世界でしか実現不可能かと思われていた。常識的に考えればありえない。今までは。そう、今までは。だが、イチローが野球界の常識を変えてしまった。人類の常識までをも変えてしまった。 “生きる伝説” イチローならば、十二分に「ありうる」のだ。

参照元:YouTube nanbusenkaisoku5
執筆:GO


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング