武雄市の見晴らしのいい所まで登ってみた / 武雄市を集中して記事にした理由

ロケットニュース24 / 2012年9月9日 12時0分

武雄市の見晴らしのいい所まで登ってみた / 武雄市を集中して記事にした理由

佐賀県武雄市のメインステーション・JR武雄温泉駅を出ると、地方都市によくある小さなタクシー乗り場がある。そこから自転車で10分ほど走れば、緑豊かな自然あふれる風景に。悪くいえば「何もない」ということになるが(笑)、それでも気持ちのいい空気が流れる風景が続く。

佐賀県立宇宙科学館へと向かう途中、「池の内池」と呼ばれている巨大な池を越えると、武雄市を一望できる展望台への登り口がある。そこには『スカイバスのぼるくん』というモノレールのような乗り物があり、片道100円で山の上まで連れていってくれる。

展望台までは7~8分ほどで到着するが、あまりにもゆっくりと進むため、体感としては30分くらい乗っていたかのような感覚に。しかし、ガタゴトとゆっくり山を登っていくスカイバスには、ロープウェイでも電車でもない、何か不思議な楽しさを感じる事ができた。

頂上までのぼると、そこには……、何もなかった(笑)! いや、草と木と大地と大空はあるが、それ以外に何もない! スカイバスの駅自体が展望台のようになっていて、そこから武雄市を一望できる。ストレス社会の都会に住んでいる人ほど、この風景に癒やされるはずだ。

佐賀県立宇宙科学館に行った人は、すぐ隣にスカイバスの駅があるので、オマケとして展望台まで登ってみるといいだろう。何もないが、何もないから「何かいい」と感じるかもしれない。もう一度言おう。何もない! だがそれがイイッ!
 
・今回の武雄市取材について
ここ最近、武雄市長がインターネット上で大きな話題となって注目されることが多々あります。武雄市長を通して「町のありかた」を議論をすることは有益なことだと思います。しかし、武雄市長や関連する出来事に対してはマスコミやインターネットユーザーらが反応するものの、リアルな「武雄市という町」に関しては残念ながら注目されているとはいえないと感じたのです。

そこで今回、「武雄市とはどんな町なのか?」ということを観光情報を通してお伝えしつつ、ほんの一部分かもしれませんが、武雄市の断片を伝えたいと思いました。これは筆者自身に「武雄市とはどんなところなのか?」という好奇心があったからでもあります。

筆者の率直な感想ですが、完全個人の旅行だった場合、2泊3日くらいがちょうどいいのかなと感じました。温泉、グルメ、武雄焼(陶器)、自然、そして人、いろいろあります。また行きたいかと聞かれたら「行きたい」と即答します。人も町も自然も良いところです。
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング