オメデトウ! いまや結婚式は Skype で出席する時代

ロケットニュース24 / 2012年9月15日 22時0分

オメデトウ! いまや結婚式は Skype で出席する時代

マイクとカメラを設置してネットに接続するだけで、テレビ電話通信が無料で楽しめるソフト、Skype(スカイプ)。家族や友人とのコミュニケーションや会議など、世界のさまざまなシーンで使われている。

その Skype がここ数年、結婚式でも重要な役割を果たすようになってきた。これまで「出席」か「欠席」の二択だった結婚式だが、仕事の都合で出向けない友人や、遠出が難しい祖父母などの「バーチャル参列」が可能になったのだ。

Skype商品マーケティング部のリンダ・サマーズ氏は、「やむを得ない事情でも、親しい人の結婚式を欠席することはその後の人生に少なからず後悔を残し、招いてくれた人との間にわだかまりを残すこともあります。たとえ実際に参列できなくても、Skypeを通じて大切な日を遠くで分かち合い祝福することは、大きな意味を持ちます」と述べている。

イギリスの調査会社オピニオン・マターズによると、41%の人が「家族や友人に自分の結婚式を欠席されるよりは、Skypeで参列して欲しい」と考えているという。統計では「友人の結婚式や我が子の誕生など、二度とない出来事に立ち会う機会を逃したことがあり、またそれを後悔している」という質問に、半数以上の人が YES と回答した。

もちろん実際に足を運んで顔を合わせるのが一番なのは確かだが、これまでの不可能が可能になったという意味では動画通信の果たす役割は大きいと言えるだろう。

また最近では披露宴のドレスや食事メニューなどをプランナーとのSkype通信で決めるカップルも増加しており、中には下見をせずに Skype で式場を選ぶ人もいる。従来は何度も会場選びや打ち合わせに足を運ぶのが普通だったが、時代とともに結婚式のあり方も変わってきているようだ。
 
参照元:DailyMail(英文)
Photo:RocketNews24.


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング