【ラーメン】炭酸入りパイナップルラーメンのスゴイ点 / スープと炭酸水を混ぜるのではなく「スープに炭酸を注入する製法」

ロケットニュース24 / 2012年9月24日 11時0分

【ラーメン】炭酸入りパイナップルラーメンのスゴイ点 / スープと炭酸水を混ぜるのではなく「スープに炭酸を注入する製法」

先日、東京。西荻窪のラーメン屋『パパパパパイン』が期間限定で販売している『冷やしパイナップルラーメン炭酸バージョン』をご紹介した。いつもはパイナップルをベースとしたフルーティーなラーメンを販売しているが、期間限定でスープを炭酸水にして客に提供しているのである。

もちろん普通のパイナップルラーメンも食べられるが、炭酸バージョンを注文する客があとを絶たないという。ようはスープが炭酸水になっているラーメンなのだが、多くの人が「スープと炭酸水を混ぜている」と勘違いしているようだ。混ぜるのではなく注入しているのだ。

『パパパパパイン』の店内は狭いので、店主がラーメンを作っているシーンの一部始終を目にすることができる。実際に注文すれば、店主がスープと炭酸水を混ぜることなく『冷やしパイナップルラーメン炭酸バージョン』を作っているのがわかるはずだ。

ミネラルウォーターに炭酸を注入するマシーンが調理機器としてあるが、その機器を使用し、スープに炭酸を注入しているのである。そうすることで、炭酸水特有の「重い味」を出すことなく、余計なものを取り除いた状態で「純粋な炭酸入りスープ」を作ることができるわけだ。

店主によると、スープへの炭酸の注入には、あるコツが必要だという。普通にやっても炭酸が……。おっと、そこは秘密にしておこう。

この『冷やしパイナップルラーメン炭酸バージョン』は2012年9月末までの販売を予定しているという。フルーツを食材に使用したラーメンなので好き嫌いが激しく分かれるのも確かだが、実際に食べて「こんなに美味しいとは思わなかった」という人が多くいるのも事実である。

炭酸やフルーツのラーメンに抵抗を感じるのはよくわかる。ありえないと思うのが普通かもしれない。それでも、とりあえずは食べてから「自分的にアリかナシか」を判断したほうがいいだろう。食べずして語るグルメ批評ほど、説得力のないものはない。アリでもナシでも、食べずして否定される料理がかわいそうである。
 
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 パパパパパイン
住所 東京都杉並区西荻窪南3-12-1 日伸西荻プラザ1F
時間 11:00~20:00
休日 水曜日
Twitter https://twitter.com/#!/paishio
 
関連記事1: 炭酸水のラーメンが予想を超える「激ウマ」でケータイ落として液晶割りそうになった
関連記事2: パイナップルたっぷりラーメンが激ウマ! パイナップルで煮込んだ煮卵
Correspondent: Kuzo


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング