日刊ゲンダイが安倍新総裁を『ウルトラ右翼』と表現 / ネットの声「カッコイイ 日本を良くしてくれそう」

ロケットニュース24 / 2012年9月28日 16時0分

日刊ゲンダイが安倍新総裁を『ウルトラ右翼』と表現 / ネットの声「カッコイイ 日本を良くしてくれそう」

9月26日、安倍晋三元首相が自民党の新総裁に選ばれた。

総裁選の前に安倍新総裁が高級ホテルで3500円以上もするカツカレーを食べたことが毎日放送(MBSテレビ)の情報番組『ちちんぷいぷい』で報じられると空前のカツカレーブームが巻き起こるなど、意外なところで安倍新総裁就任の良い影響が出ているようだ。

また、安倍新総裁の就任は数多くのメディアで報じられたのだが、夕刊紙『日刊ゲンダイ』が新聞で報じた見出しがあまりに面白すぎるとネット上で話題となっている。

どう報じたのかというと、安倍新総裁のことを『ウルトラ右翼』と表現。さらに就任したことにより日本沈没とも書かれており、あまり安倍氏の就任を良い方向で報じてはいないようだが……。

しかしこれを見たネットユーザーは「ウルトラ右翼ワロタw」や「すごい見出しで吹いた」など、記事の内容以前に見出しが面白すぎるというコメントが多く見受けられた。

また、「いい日本になりそう!」といった発言もあることから、安倍新総裁がウルトラマンみたいでカッコイイと思う人まで出てきているようだ。

確かに「ウルトラ」という響きはなんとなくカッコイイし、カツカレーを食べたり、別の日にも深夜に「てんや」へ行くなど体調も良いようだ。ウルトラパワーで日本を良くしてくれるかも!? 今後の安倍新総裁の活躍に期待したい。

参照元:Twitter @nikkan_gendai


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング