中国の連休中の観光地が地獄すぎる

ロケットニュース24 / 2012年10月6日 8時0分

中国の連休中の観光地が地獄すぎる

9月30日より最長11日の連休に入った中国。先日、ロケットニュース24では中国の大渋滞が楽しそうな件をお伝えした。楽しそうとは言え時速10キロ程度でしか移動できないほどの混雑は大変だっただろう。

やっと目的地に到着! だが、観光地で伸び伸びリラックスできるほど中国は甘くないようだ。なぜなら観光地が地獄状態だからである。

何が地獄なのかというと、まず見渡す限り人人人人人ーーーーーーッッ!! 中国版Twitter・Weiboに投稿された画像はすべて人で埋め尽くされている。説明がなければ画像はどの観光地か全くもって不明だ。

投稿者らも

「やられた……」
「せっかく景色を楽しみに来たのに人の頭しか見えない」
「おしっこ漏れそう」
「乱闘なう」
「もう帰りたいよぉ」

と、コメントをつけている。

また、中国のニュースによると、この晴天下の大混雑の中、熱中症や脱水症状で搬送された市民もいたそうだ。付近はゴミも散乱しまさに地獄状態である。それにしてもこの人の密着具合。連休に観光地が混雑するのは理解できるが、もう少し観光客同士、距離をおけないものなのか。

中国でイベントコンパニオンを務めたことがある日本人によると

「中国人のパーソナルスペースの狭さはハンパないです。混雑した場所では、とにかく一歩でも前に進みたいようで、他人と体が密着しても平気。汗臭いオッサンと肌が触れ合うのは、ちょっと嫌ですね。

ほとんどの人は悪気なくくっついてきますが、なかには痴漢やスリもいるので気をつけてくださいね!」

とのこと。国民性ということなのだろうか。

ちなみに秋の連休は建国記念日にあたる10月1日の国慶節(こっけいせつ)付近から1週間程度である。この間に中国へ旅行する場合は地獄を覚悟した方が良さそうだ。

(文=沢井メグ)
参照元:Weibo 微話題

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング