【黙って買え】レグザサーバーのタイムシフト機能すげえ! テレビ界にとって地デジ化以上に革命的だわ / DBR-M190

ロケットニュース24 / 2012年10月12日 18時0分

【黙って買え】レグザサーバーのタイムシフト機能すげえ! テレビ界にとって地デジ化以上に革命的だわ / DBR-M190

あなたに観たいテレビ番組があったとしよう。録画予約でもしていないかぎり、その番組が放送されている時間帯にテレビの前にいないと観ることができない。

あなたに「録画し忘れたけどあの番組観たかったなぁ!!」というテレビ番組があったとしよう。放送はすでに終了しているし録画もしていないわけで、もはやその番組を見る手段はない(有料配信している番組もあるけどね)。
 
・レグザサーバー『DBR-M190』の圧倒的機能
筆者(私)はあまりテレビ番組に興味がなく、映像コンテンツに関してはネットや映画やブルーレイやゲームで満足してしまうタイプなのだが、それでもレグザサーバー『DBR-M190』の機能は革命的すぎて大きな衝撃を受けた。地デジ6チャンネル分の番組を過去15日間もさかのぼって観ることができるのである。同時にBSとCSも通常録画可能ッ!
 
・いまさらですみません
レグザサーバーの機能的&スペック的なすごさに関してはすでに多くのサイトに掲載されているので、ここでは書かないことにする。使用した際の感覚的な感想と思ってお読みいただきたい。この話題、確かにいまさらかもしれない。テレビ番組に興味がなかったので購入が遅れていたが、「15日間も以前にさかのぼって番組を観ることができる」という点が以前から気になっていたのは確かだ。

普通は、テレビのリモコンでチャンネルをかえてもその時間帯に放送されている番組しか表示されない(あたりまえだが)。しかし『DBR-M190』のタイムシフト機能を使用すれば、リモコンで過去15日間の番組表から好きな番組を選択し、視聴することができるのである!!
 
・録画という概念が消える
これが本当にスゴイ。「ロンブー観てぇ」とか「深夜アニメってどんなのやってんだろ」とか「放送事故あったらしいけど確認してみたい」と思ったときに、リモコンでその日時にやっている番組をすぐさま視聴できるのである!!

タイムシフト機能をオンにしているかぎり、いつまでも延々と録画を続ける『DBR-M190』。機能としては録画ということになるのだろうが、使っている私からすると録画という感覚がいっさいなく、「タイムシフト」という新たな概念として感じている。それだけ革命的な機能なのである。
 
・時間の概念も消えた
タイムシフト機能は録画という概念を消したとともに、時間という概念も消している。「いつでも好きなときに好きな番組」を観られるわけで、「録ったの観なきゃ」という考えが頭に浮かばないのだ。なにげなくリモコンを手にして過去の番組表から番組を選んで気ままに観る。意識しないということがここまでスゴイこととは思いもしなかった。

まるで自分の家がレンタルビデオ屋になったかのごとく、いつも新作の映像作品を好きなだけ観ることができるのも嬉しい。ふだんは録画なんてしない番組を「気分」で観ることもあるし、それがなかなかおもしろい。
 
・実売価格10万円前後で未来を買える
『DBR-M190』をはじめとしたレグザサーバーは以前から知られている機器だし、タイムシフト機能に関してはオーディオビデオ好きにとって夢のような機能として知られている。だが定価が20万円に近いこともあり、買いたくても買えない人が多いと思われる。

現在のところ10万円前後で販売されているが、それでもまだ高いと感じるかもしれない。だがしかし! あまりテレビ番組に関心のない筆者でさえ『DBR-M190』のタイムシフト機能に衝撃を受け、近年まれにみる「高くても買うべき損しない製品」だと感じたのは確かだ。「便利」なのは当然として、それ以上に「おもしろい」のである。
 
・ネットで話題になってる番組を観られる
普通なら、『2ちゃんねる』やブログやTwitterなどのインターネット上で話題になってる番組を観たいと思っても録画していなければ後の祭り。しかしタイムシフトでさかのぼって観れば「どれどれ! どんな感じだったの?」とチェックできる。これがけっこうおもしろい。おもしろくないはずがない。
 
・キレイな画質で見たい人は3日間がオススメ
容量が5テラバイトの『DBR-M190』と、2.5テラバイト『DBR-M180』があるが、長時間タイムシフトできる『DBR-M190』を強くオススメする。そして、保存形式は画質劣化ナシの3日間タイムシフトをオススメする。15日間の場合は画質がやや劣化するので、キレイな画質で見たい人は3日間がオススメなのだ。もちろんBSやCSも通常録画できる。
 
・もっと安くならないのか?
10月頭、約105000円で販売していたヤマダ電機でスタッフに話を聞いた際は、仕入れ値が10万円ほどなので「すでに赤字かトントン。これ以上店頭では下がらない気がする」と言われた。ヤマダ電機で購入しようと思ったら在庫切れで買えなかった。

同日、ビックカメラで話を聞いたらヤマダ電機と同価格で「これが限界ですごめんなさい。メーカー在庫はないようですがウチには数台の在庫はあります」と言われ、意を決して購入した。ついカッとなって購入した。いまは後悔していない。ネットでは9万円台で販売している店もあるようである。ネットオークションだともっと安いかも?
 
・結論
レグザサーバー『DBR-M190』のタイムシフト機能は地デジ化以上の革命をテレビにもたらした。しかし、高いのであまり買う人がいない。だけど高くても買ってしまえばかなりの満足度が得られるはず。「観たい番組がない」という人は多いと思うが、それでも魅力を感じるのは「観たい時に観られる」という新体験ができるからだろう。ブルーレイの高画質再生や録画も可能なので最強だ。
 
Correspondent: Kuzo
 


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング