【三十代女子の恋愛奮闘記】元カレを忘れる方法とは!?

ロケットニュース24 / 2012年10月17日 0時0分

三十路の失恋は、10代20代よりもダメージが大きいといいます。「元カレとの思い出があまりにも美しすぎて、他の男性に目が向けられない」や「新しい彼氏を元カレと比べてしまい、すぐに別れてしまう」、「元カレのことばかり考えてしまい、毎日泣いてばかりいる」等々、失恋のショックから立ち直れずにいる女性も多いことでしょう。一時的に物思いにふけるのは大いにけっこうですが、引きずってしまうと、先に進めなくなってしまいます。元カレを忘れるには、どうしたらいいのでしょうか?

■無理に忘れようとしない
まず、無理に忘れようとしないことが一番です。忘れようとすることに集中しすぎると、結果そのことばかりを考えることになってしまい、ますます忘れられなくなってしまいます。「忘れなきゃ!」ではなく、「あんなに好きだったのだから、忘れられないのも無理はない」くらいのラクな気持ちに切り替えましょう。

■メモリーは、女友達に消去してもらう
とはいえ、思い出してしまうアイテムがあまりにも多いと、ますます苦しくなってしまいます。思い出の物品は全て処分しましょう。高額だったものは質屋に売りましょう。

物品以上に、携帯電話に元カレとの思い出が詰まっているケースが多いですよね。電話番号・アドレスはもちろんのこと、受信送信履歴も全て消去しましょう。といっても、自分ではなかなか消去ボタンを押せないものですよね。そんな時に頼りになるのが女友達です。「本当に消しちゃっていいの?」と、こちらの気持ちに寄り添ってくれるようなタイプよりも、思ったことはすぐ行動に移すタイプの女友達がベストですね。

■「あわよくば連絡がくるかも」という可能性をシャットアウト
携帯電話番号やアドレスも変更してしまえば、「もしかしたらカレから連絡があるかも」という願望もなくなります。「電話番号やアドレスを変えるのは、あれやこれや登録手続きが面倒」というのが言い訳だということは、自分自身が一番わかっているはず。今の自分には、あれやこれやの登録手続きよりも、元カレを忘れることのほうが優先順位が高いということを理解出来れば、重い腰も上がることでしょう。

■一人きりにならない
そして、なるべく一人きりでいる時間を少なくしましょう。といっても、合コンや婚活パーティーに行きまくる必要はありません。おそらく、男性が同席する場所に出かける気分になれない人も多いはずです。女性同士の食事会や飲み会でも気は紛れるでしょうから上手に活用しましょう。

■預金全額落とす!?
もし今、銀行口座から預金を全額引き出してきて、それを何処かで落としたら……、おそらく貴女は元カレどころではなくなるでしょう。人間とはそういうものなのです。要するに、元カレとの思い出に浸る以上の大ごとが、貴女の身に起きればいいのです。転職・引っ越し・バンジージャンプなど、なんでもいいのでひとつ起こしてみましょう。

■「アウト・オブ・眼中」を自覚する
別れ際に、「貴方のことがキライになれるよう、酷いことを言ってほしい」と迫る女性も存在しますが、今から訪ねて「私を罵ってください」と言うわけにもいきませんよね。なので、いま現在別れた元カレがどう考えているのか想像してみましょう。

「私のことを、イイ女だったなって時々は思い出してくれているかしら」や「新しい恋人と実はうまくいっていないんじゃないかしら」、「本当はヨリを戻したいのに、どうやって伝えたらいいか悩んでいるかも」など思ってくれている確率はゼロです。では、元カレは貴女のことを「イヤな女だったぜ」と思っているのでしょうか? それも違います。元カレは、なんとも思っていないでしょう。

貴女が思い悩んでいるほど、向こうはこれっぽっちも貴女のことを考えていないものですよ。古い言葉で言うと、「アウト・オブ・眼中」です。新しい恋人のことや、新しい恋人が出来ていなくても、仕事や趣味のことで頭がいっぱいになっているでしょう。そう思うと、元カレのことばかり考えている時間がもったいないと気付けますよね。

この世に「男」という生き物はごまんといます。貴女の元カレだけがオトコではないのです。今はまだ、その事実を受け入れる気分になれていないかもしれませんが、受け入れる準備として色々試してみてくださいね。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング