カッコイイ? 不気味? 「歯」の靴がちょっとスゴイ

ロケットニュース24 / 2012年10月19日 16時0分

カッコイイ? 不気味? 「歯」の靴がちょっとスゴイ

最近ネット上で、ある靴が「グロい」とちょっとした評判になっている。イギリス人のデザイナーによる作品であるこの靴は、黒いローファーの底部分に、左右合わせて1050本もの歯をあしらったもの。

歯といっても本物ではなく、人間の歯に似せたプラスチックなのだが、1000本を超える歯がビッシリと詰まった靴底には確かにギョッとさせられる。数個入ったアクセントの金歯が妙にリアルだ。

作品名は『Apex Predator(頂点捕食者)』、2名の英国人デザイナーによる共同作品である。製作者のマリアナ・ファンティク氏とドミニク・ヤング氏は自身のサイトで、「何でも食べる捕食者だが、何者にも捕食されない。まさに食物連鎖の頂点に立つ靴」と記している。

作品は2010年に発表された途端、ファッション誌で「たとえ偽物の歯と分かっていても、こんな靴を履いて歩くことを想像するだけで吐きそう」と酷評された。ネットユーザーらの反応も、大半は「気持ち悪い。なんでこんなもの作るんだ」「理解不能」など、批判的なコメントが並んだ。

ただし一部の層からは「芸術的」「最高にクール」などと熱い支持を受けている。ハロウィンシーズンを前に今年ふたたびネット上で取り上げられ、仮装用にぜひ欲しいと言う声も出ているが、残念ながら非売品だという。

ちなみにこの靴は黒ジャケットとセットとのこと。ジャケットの表面素材は人毛で、眼球を模したガラス玉がボタンになっているそうだ。靴とセットで装えばハロウィンパーティーでも人目を引くに違いない。

参照元:DailyMail(英文)


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング