うどんが赤すぎて笑った(笑)

ロケットニュース24 / 2012年10月25日 11時0分

うどんが赤すぎて笑った(笑)

「これでもか!」というくらい真っ赤なうどんがあるのをご存知ですか? ちょっと赤くしただけの中途半端な赤さじゃありません。普通では考えられないほど真っ赤なうどんが存在するのです。実際に食べてみました。

このうどんはJR広島駅のホームで食べられる『赤うどん』。どうして赤なのかというと、プロ野球・広島カープの赤をイメージして作られたうどんだからです。単に赤いだけでなく、これがまた絶品なのです。だけど、いくら美味しくても、広島カープをライバル視している野球ファンは絶対に食べられませんね(笑)。

本格的なコシの強いうどんではないのですが、B級グルメ感があふれる「これぞ駅のホームのうどん!」といった美味しさがそこにあります。あっさり系のダシのきいたスープが「よい意味でチープなうどん」に馴染むのです。

「高級」や「上品」じゃいけません。強いコシなんていらないのです。それでこそ駅のうどん屋です(もちろん異論は認めます 笑)。ちなみに、うどん生地に紅麹を練りこんで赤い色を出しているとのこと。
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング