漫画家佐藤秀峰先生がフジテレビに大激怒「信頼に値しない企業であると判断したため今後一切取り引きはしない」

ロケットニュース24 / 2012年10月26日 16時0分

漫画家佐藤秀峰先生がフジテレビに大激怒「信頼に値しない企業であると判断したため今後一切取り引きはしない」

漫画家の佐藤秀峰先生が、フジテレビに対して大激怒していることが判明した。先生は2012年10月26日に、Twitterで「フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました」としたうえで、「映画「海猿」の続編などは絶対にありません」(Twitterより引用)と告げている。いったい何があったというのか!?
 
実は先生は2012年8月に、同局の突然の取材訪問を受けている。先生はその訪問を不快に思っており、そのときの経緯について、テレビ局名を伏せたままブログに紹介していた。このことについては、報道センターのチーフプロデューサーが謝罪し、二度と同じことをしないと約束したはずだった。ところがまたしても突撃取材が遂行されたのだ。
 
「そう言えば、先日、またしてもフリー記者を名乗る人物が事務所に突撃取材にやってきたそうです。 応対したスタッフは、アポなし取材は僕が怒るのを知っているので、そういう人が来ても僕に報告してくれず…、まぁ、知れば怒るんですが…。 そんな人ばかり」(Twitterより引用)
 
先生が怒っているのは、これだけではない。映画でリメイクされた先生の作品『海猿』についても、思わぬ事態が発覚した。
 
「さらには映画「海猿」関連書籍が契約書なしに販売されていたことも分かり、フジテレビさんは信頼に値しない企業であると判断したため、今後は一切新規のお取り引きはしないことにしました。 なので、例えば映画「海猿」の続編などは絶対にありません」

「まぁ…、フジテレビさんには本当に怒っています。 もう関わる気もないからつぶやく訳ですが」(以上、Twitterより引用)
 
これらの報告を見る限り、先生の怒りは頂点に達しており、しずまる気配は一切感じられない。映画第四作目は2012年7月に公開され、570万人を動員し72億円の興行収益をあげたといわれている。しかし今回の出来事で、これに続く作品が制作される可能性は、ほぼなくなったと言わざるを得ない。

参照元:Twitter @shuhosato


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング