箱根・ポーラ美術館が1日だけの「ナイトミュージアム」開催 / いつもと違う幻想的な雰囲気に感動

ロケットニュース24 / 2012年10月28日 22時0分

箱根・ポーラ美術館が1日だけの「ナイトミュージアム」開催 / いつもと違う幻想的な雰囲気に感動

10月27日、箱根にあるさまざまな美術品を展示していることで知られる『ポーラ美術館』が1日かぎりの「ナイトミュージアム」を開催した。

ポーラ美術館は箱根の山にあるため、展示品以外でも普段から美しい風景を楽しむことで知られているのだが、いつもは入れない夜の美術館はより幻想的なムードを見せていたのだ。

美術館の外は紅葉し始めた木々をライトが照らし、色とりどりのまるで絵画の世界に入り込んでしまったかのような錯覚を覚える。

また、館内はプロジェクターでハロウィンの世界を演出。いつもは落ち着いた雰囲気の受付やエスカレーターの前は一変してムード満点に…。

展示室は撮影することができないので言葉で説明するしかないのだが、こちらは普段と変わらずいつもどおり。だが絵画や調度品の美しさを見せるには、特別なことをしないほうがより分かりやすいのだろう。

ほかにも絵画に描かれた人物の格好をした人たちが館内におり、よりハロウィンのナイトミュージアムを盛り上げていた。来客は家族連れからカップルまで老若男女とわずさまざまな人たちが訪れていたようだ。

次回の予定はまだアナウンスされていないので不明だが、美術館によく行くという人もあまり行ったことがない人もみんなが楽しめるイベントだと思った。いまから次回の開催がとても楽しみである。

写真:ロケットニュース24


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング