【ロマンホラー】13年以上前から髪の毛が伸び続けている人形に逢う / 髪を光にあてると不思議な色に輝く

ロケットニュース24 / 2012年11月1日 21時0分

【ロマンホラー】13年以上前から髪の毛が伸び続けている人形に逢う / 髪を光にあてると不思議な色に輝く

日本には、たくさんの「髪の毛が伸びる人形」の伝説がある。そのいくつかは現在も存在し、寺院や神社に置かれているという。先日、記事としてお伝えした和歌山県の淡嶋神社もそのひとつだ。しかし現在 “その人形は” 一般公開されていない。

だが、実際に目にすることができる髪の毛が伸びる人形もいる。たとえば、大分県大分市の良福寺。ここには、13年以上前から髪の毛が伸び続けている日本人形「藤娘」がいる。実際に彼女に会いに行ってみた。

良福寺は大分駅から徒歩20分、自動車で5分ほどの場所にある。小さな敷地内に仏堂があり、寺のおばあさんの案内で中に入ると、そこには髪の毛が伸びるという人形がいた。13年以上前、とある人物が「不幸なことばかり起こる」ということで、お祓(はら)いをするために人形を持ち込んだという。

無事にお祓いは済んだものの、持ち主は不気味な人形の受け取りを断り、寺が保管することになった。しかし不思議なもので、それからずっと髪の毛が伸び続け、13年以上が経過した現在もいまだに髪の毛が伸び続けているとのこと。事実、人形の髪の毛はまばらに伸びており、人形の足元には無数の抜け落ちた髪の毛が落ちていた。

人形を見学しにくる人はごくたまにいるものの、実際に人形に触ったり、髪の毛を持ち帰る人は稀だという(テレビ局が髪の毛の成分分析のため持ち帰ったことはあるらしい)。人形の肌は崩れかけており、おばあさんによると「最近は髪の毛の数も減ってきた」とのこと。

実際に髪の毛を手にとってみたところ、人間のもののようであり、動物のもののようであり、そして繊維のようでもある。光に当てると、うっすらと緑色に輝いて見える。まっすぐに伸びているものもあれば、縮れているものもあったし、カーブを描いているものもあった。

幽霊や妖怪が実際に存在するかどうかはわからない。しかし人形にはそれぞれ表情があり、どんなことを思っているのか、想像ながらも感じ取ることができるもの。だが、この人形の表情をじっと見てみたが、正直、どんな心境でいるのか感じ取ることができなかった。

いったい何を思って髪の毛を伸ばし続けるのだろうか? それにどういう意図があるのだろうか? それとも、この現象は人によって作られたものなのだろうか? 筆者は、その真実を知ることはできなかった。

Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング