【緊急特別連載】現役プロ漫画家が高校時代に描いたカルト教団ボーイズラブ漫画『ある男のブルース』第6話:恋の予感

ロケットニュース24 / 2012年12月1日 8時0分

【緊急特別連載】現役プロ漫画家が高校時代に描いたカルト教団ボーイズラブ漫画『ある男のブルース』第6話:恋の予感

時は1995年。日本で起きた未曾有の事件に、ひとりの “漫画家の卵” が心動かされていた。この漫画『ある男のブルース』は、現在ではプロの漫画家として活動する男が高校時代、誰に見せるわけでもなくノート用紙にボールペンで描いていた恋愛漫画である。

(このページに漫画が表示されない人はこちらhttp://wp.me/p25BsW-18zl

作者の名前はマミヤ狂四郎。登場する団体や人物はすべて架空のものであり、フィクションであるが、どんな事件をテーマにしたのかは読者の判断にゆだねたい。この物語は全10話まで続くが、すべて掲載するかどうかは未定である。

なお、まだ第5話目「仕事(ワーク)」を見ていない人は、コチラから読んでおこう。

それでは『第6話:恋の予感』をお楽しみ頂きたい。セリフが横書きなので、左上が1コマ目だ。

作者: マミヤ狂四郎Twitter


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング