【Wii U】任天堂ユーザーの理想と現実 / あなたのプレイスタイルは「一人ぼっち」「リア充」どっち?

ロケットニュース24 / 2012年12月11日 20時21分

【Wii U】任天堂ユーザーの理想と現実 / あなたのプレイスタイルは「一人ぼっち」「リア充」どっち?

タレントでありゲーム好きとしても有名な伊集院光さん。彼が自身のラジオで「任天堂はゲームをやる人にたくさんの友達がいると思ってる。ゲームをやる人が家族仲が良いと決めつけている」という内容の発言をしたと話題になっている。

確かにその通りだ。しかし任天堂は『Wii』発売当初から「家族や友だちとワイワイ遊ぶ」という流れで『Wii』を売ってきた。テレビCMを見ても、家族団らんで『Wii』を遊んでいるシーンばかり。伊集院さんの指摘していることは、多くのゲーマーたちが以前から感じていたことである。

しかし任天堂は『Wii U』になってもその路線を変えていない。インターネットを駆使したコミュニケーションに比重を置くようになったので、ある程度は「一人で遊んでいる人」のことを考えているかもしれない。だが、それでも基本的にテレビの前で家族や友人たちとワイワイ遊ぶことを前提としたゲームが多いように感じる。

いまのところ、ゲームパッド1個とWiiリモコン4個で最大で5人同時プレイが可能だ。自宅でパーティーを開いたときは多人数プレイは可能かもしれないが、たとえ家族がいたとしても「家族全員がゲーム好き」とは限らない。5人じゃなくても3~4人でのプレイだって難しい。いちばん多いプレイ人数は1~2人だろう。

ある意味、『Wii U』はリアルが充実している人、つまりリア充向けに設計されたゲーム機といえる。しかし購入者の多くは多人数プレイができる環境や人間関係を持っていない人ではないのか? 『Wii U』で任天堂が求めているユーザー層と、実際に購入したユーザー層に、大きな違いがあるように思えるのだが、皆さんはどうお思いだろうか?


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング