シリアの反政府勢力が自作した最新鋭の装甲車「シャーム2」がスゴイと話題に / 機関銃はプレステのコントローラーで制御

ロケットニュース24 / 2012年12月12日 16時0分

シリアの反政府勢力が自作した最新鋭の装甲車「シャーム2」がスゴイと話題に / 機関銃はプレステのコントローラーで制御

いまだ収まらないシリアの内戦。政府軍と反体制派の戦いである。そんなシリアの反体制派が作った装甲車、その名も「シャーム2(Sham II)」が何やらスゴイと世界中で話題になっている。

まずは動画「Video: Syria rebels unveil cutting-edge homemade tank」をご覧頂きたい。お世辞にもカッコイイとは言いがたいデザインの装甲車だが、なかなかハイテクなシステムを備えている。

車外の様子を確認するためのカメラは前後あわせて全5台。車内のモニタで確認できる。つまり……窓がないのである!

さらに、そのモニタ映像を見ながら車上にある機関銃を操作することも可能。しかもしかも、その操縦にはプレステ用コントローラーと同じデザインのものが使われており、まるでFPSゲームのように操縦する。

なお、この装甲車のベースは一般車。鉄板の厚さは2.5センチで、23ミリ砲の砲撃にまで耐えられるが、それ以上だとヤバイ。なお、装甲車を作るためにかかった費用は約1万ドル(約82万円)であるという。

参照元:Youtube RussiaToday


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング