選挙カーに抗議して車内に放尿する事件発生! ネットユーザー「気持ちはわかる」と同情の声も

ロケットニュース24 / 2012年12月13日 13時33分

選挙カーに抗議して車内に放尿する事件発生! ネットユーザー「気持ちはわかる」と同情の声も

選挙戦が過熱するなか珍事発生! 街を行く選挙カーに対して、「うるさい」と抗議した二人の男性が意外な行動をとりました。それはなんとおしっこです! 選挙カーのドアを開けて車内におしっこ! この事件についてインターネットユーザーの一部から、「気持ちはわかる」と同情の声もあがっています。

事件は2012年12月12日16時頃に発生しました。大阪市城東区内の歩道で、演説中に候補者に対して二人の男性が近づき、「やめろ」と演説を妨害。それだけでも十分問題なのですが、二人はこののちに堺市東区で、別の候補者が演説している最中に車のドアを開けました。そして車内におしっこをし、公職選挙法違反(選挙の自由妨害)容疑で現行犯逮捕されたとのことです。

この事件に対し、ネットユーザーは次のように反応しています。

・選挙カー放尿事件のネットユーザーの反応
「これは明らかにやりすぎで逮捕もしかたない」
「あの音と独特なしゃべりは・・確かにうざい」
「すげーなおいw」
「二人の気持ちは痛いほどよく分かる」
「アホナホウニョウハン」
「気持ちは分かる」
「渋い!」
「放尿とはこれまたバカバカしい」
「師走の選挙ならではか」

……など。たしかに車内で放尿はやり過ぎです。逮捕されるのも当然でしょう。しかし、一部のユーザーがいうように、選挙カーの演説が耳障りに感じるときがあります。仕事に集中しなければいけないときや、隙間時間で昼寝をしたいときに声が響くと、やりきれないこともあるでしょう。

とにかく選挙日を迎えるまで、できる限り候補者の演説に耳を傾けて、自らの貴重な一票の参考にしたいと思います。

参照元:YOMIURI ONLINE


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング