【現地取材】日本で修行したラオス人が作るラオスのソバ屋で「天ざるそば」を食べたらうどんの味がした

ロケットニュース24 / 2012年12月19日 11時0分

【現地取材】日本で修行したラオス人が作るラオスのソバ屋で「天ざるそば」を食べたらうどんの味がした

海外旅行に行ったら現地の食べ物を食べるのがセオリーである。しかし、たまに食べたくなるのが日本食。日本で食べるクオリティに達していないのは重々承知。だが、どんなものなのか試してみたくなるのである。

ということで向かったのは、ラオスの首都ビエンチャンにある日本食屋「夢(Yume)」である。ガイドブックによると「日本で修行したラオス人が腕を振るう」と書いてある。きつねうどんや天ざるそばなど、うどんとそばが充実しているらしい。

お昼すぎに訪問したが、市街地から少し離れた場所にあるからだろうか、お客は誰もいなかった。しかし店内をよく見ると、日本風のインテリア、日本人形に、お店の関係者らしき人と秋篠宮さまが一緒に写っている写真まで飾ってある! 一気に期待度が高まった!

そして注文したのは「天ざるそば」。価格は32000キープ(約340円)である。しばし待つと、香ばしい香りの天ぷらと共に、日本でもよく見慣れた「天ざるそば」がやってきた! ちゃんと薬味もついている。果たして、そのお味とは……!?

……!! こ、これはっ……!! そばなのに、なぜか “うどん” の味がするッ……!!

――決して不味いわけではない。サクサクの天ぷらなんて絶品だ。しかし、どう見ても “そば” なのに、うどんの味がするのである。さらに、そのうどん味が、そこそこ美味いのである。これはこれで美味いのである。見た目はそばだが「天ざるうどん」だと思って食べれば大満足だ。

なお、お会計時、男性のシェフに「あなたが日本で修行した方ですか?」と聞いてみたが、どうやら今回のシェフとは違う人が修行したとのことである。寿司に焼き鳥、茶碗蒸しなど、各種日本食も揃っているのでビエンチャンに行った際は試してみるのも良いだろう。

(写真・文=GO

■お店データ『夢』
ビエンチャン中心からルアンパバーン通りを西へ向かい「ノボテルホテル」を通り過ぎたあたり。


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング