【衝撃】江頭2:50のフィギュアがすごいと評判 / 軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず可動域を確保

ロケットニュース24 / 2012年12月20日 18時52分

【衝撃】江頭2:50のフィギュアがすごいと評判 / 軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず可動域を確保

タレントの江頭2:50さん(えがちゃん)がフィギュアとなり、インターネット上で話題となっている。単にえがちゃんをフィギュア化しただけでなく、あらゆる部分が稼動し、さらに複数の表情が用意されているのである。

このフィギュアは「figma 江頭2:50」というタイトルで販売サイトに掲載されている。メーカーはFREEingで、販売はグッドスマイルカンパニーがしているようだ。実際に写真を見てみたが、ここまでリアルかつアクティブなえがちゃんのフィギュアは見たことがない!

そもそもえがちゃんのフィギュアを見たのが初めてだが、「どうしてここまでこだわって作ったの? その熱意はどこからきたの?」と思うほどの作り込みようである。2012年12月現在はまだ売られておらず、発売は2013年になるようだ。

とはいえ、実際にこのフィギュアを買うかどうかと言われたら? ……うーむ、迷うところである。とはいえファンならば絶対に買いのフィギュアであることは間違いない。気になる人はグッドスマイルカンパニーのサイトをチェックしてみよう。

・figma 江頭2:50の特徴(サイトより引用・要約)
スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで激しいシーンを再現
要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保
表情は「笑顔」と「驚き顔」にくわえ「叫び顔」の3種
スパッツに手を突っ込んで繰り出す「ドーン!」を再現できる「ドーン用パーツ」付属
さまざまなシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱

……とにかく、かなりのコダワリが感じられるデキとなっている。このフィギュアを作って売ろうとしているFREEingとグッドスマイルカンパニーに敬意を表したい。いろんな意味で。

参照元: figma 江頭2:50


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング