男ふたりがスキー場で盗んだウェアを着て滑る → 女性用だったためすぐ見つかる → 警察署に直滑降

ロケットニュース24 / 2012年12月27日 10時0分

スキー場近くのペンションからスノーボードウェアを盗み、そのままスキー場で着用していたところ、持ち主に見つかり、ふたりの男性が逮捕された。もともとウェアを用意していなかったらしく、はじめから盗んで使用する計画だった可能性があるという。

信濃毎日新聞によると、犯人は12月23日に北安曇郡白馬村神城のペンションの乾燥室からスノーボードウェアを盗み出し、そのまま着用してウィンタースポーツを堪能していたという。自分のウェアを着た犯人を目撃した持ち主が警察に通報し、逮捕されたわけだ。

ペンション経営者は「ウェアは女性向けのデザインで見つけやすかったようだ」(信濃毎日新聞)と話しているという。もともと自分用のウェアを用意していなかったらしいので、常習的に同様の犯行を繰り返していた可能性も否めない。

盗むこと自体が許されることではないが、なぜ女性用のウェアを……。この年末年始、多くの人たちが大移動する。どんな場所にも泥棒がいると思って、自分の所持品はちゃんと管理した方がよさそうだ。


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング