【マクドナルド】ビッグマックやメガマックをそのまま食べるのはド素人 / 味にうるさい富裕層は「真ん中のパン」を抜く

ロケットニュース24 / 2012年12月27日 20時0分

【マクドナルド】ビッグマックやメガマックをそのまま食べるのはド素人 / 味にうるさい富裕層は「真ん中のパン」を抜く

世界中で愛されているファストフード店といえばマクドナルドだ。濃厚な風味のモスバーガーやウェンディーズ、バーガーキングなどが人気を博しているが、それでもシンプルなマクドナルドのハンバーガーを食べたくなるから不思議である。

そんなマクドナルドのマニアであり、自称・マクド貴族のR氏は「ビッグマックやメガマックをそのまま食べる人がいますが、私から言わせればド素人です。真のマクド貴族は真ん中のパンを抜いて食べる」と語る。どういうこと?

R氏によると、ビッグマックやメガマックの肉の美味しさを十分に感じるためには、中間に挟まっているパン(バンズ)を抜いて食べるのがベストだという。

「マクドの美味しさは肉とドレッシングソースによって生み出されるんです。余計なパンがあることにより量のボリュームは増えますが、味のボリュームが半減するのです。味にうるさい富裕層の人たちは、マクドでの注文時に真ん中のパンを抜いて欲しいとお願いしています」(R氏 談)

もともとR氏は貧乏生活をしていたころ、ビッグマックの余計なパンを持ち帰って冷凍保存し、朝食としてジャムを塗って食べていたそうだ。

しかし最近は「年収が250万を超えてからは生活に余裕が出てきたので、注文時にパン抜いてくれとお願いしています。さすがに持ち帰るのはやめましたよ(笑)」とのこと。

ちなみに、日本マクドナルドは2013年にメガマックを復活させるという。現在は東京の六本木ヒルズ店で先行販売されているので、どうしてもメガマックを食べたいという人は行ってみてはいかかだろうか?

Photo: RocketNews24.


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング