【韓国旅日記 ウルルンド編その3】ウルルンド唯一の文化芸術空間にある「木像」がめっちゃ怖いッ!! 子どもが見たらトラウマになりそうなレベル

ロケットニュース24 / 2013年1月3日 9時0分

【韓国旅日記 ウルルンド編その3】ウルルンド唯一の文化芸術空間にある「木像」がめっちゃ怖いッ!! 子どもが見たらトラウマになりそうなレベル

韓国にたびたび観光に出かける男性、木下さん(仮名)の韓国旅日記。今回はウルルンド(鬱陵島)バスツアーで、もっとも印象的だったという同島唯一の文化芸術空間について寄稿頂きました。以下は木下さんによるレポートです。

どうも、木下です。今回は前回お伝えした、ウルルンドバスツアー(5時間)のハイライトともいえる文化芸術空間「イェリムウォン イヤギ」について、ご紹介しましょう。ここは簡単にいうと、庭園です。手入れをされた木々や、滝(おそらく人口)があり、展望台からは海を見下ろすことができます。

ここも、強制的に観光をさせられるスポットのひとつ。文化芸術空間というだけあって、数々の木像が展示されています。それが韓国の有名アーティストのものなのか、それとも地元の自称芸術家のものなのかは不明です。

とにかく視覚インパクト絶大で、子どもが見たら泣き叫ぶかもしれません。トラウマになるレベルといっても過言ではないでしょう。すべての木像ではないのですが、一部のものはどう見てもバケモノです。これを見て、どうしたら良いのかわかりません。

とはいえ、一般の理解を超えたものが芸術、アートなのかもしれないですね。実物をご覧になりたい方は、ウルルンドを訪ねることをおすすめします。

(文、写真=木下さん)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング