韓国スタバの1000キロカロリードリンク「悪魔の飲み物」を飲んでみた

ロケットニュース24 / 2013年1月8日 17時0分

韓国スタバの1000キロカロリードリンク「悪魔の飲み物」を飲んでみた

以前の記事で、韓国で人気の「スターバックス」(以下、スタバ)の飲み物についてご紹介しました。これは「悪魔の飲み物」と呼ばれています。なぜこの名前なのかというと、チョコやクリームが大量に追加されているため、なんと一杯で1000キロカロリーもあるのです! しかもクセになるおいしさなのだとか。甘い物好きにはまさに悪魔。

レシピが公開されているので、日本のスタバで同じようにオーダーしてみました。抹茶フラペシーノがベースのこの飲み物、ストローでチューっと吸ってみたところ、ゲッホゲッホゲホッ、ゴホゴホゴホンッ! とむせ返って仕方ありません。なんじゃこの飲み物はーーーッ!!

韓国メディアに紹介されていたレシピでは、「グリーンティーフラペチーノ」 + 「エスプレッソショット」 + 「チョコチップ」 + 「ホイップクリーム」 + 「チョコレートシロップ」でした。グリーンティーフラペチーノとは「抹茶クリームフラペチーノ」を指すものと思われます。

これを、一番大きいサイズのベンティでオーダー。見た目は抹茶フラペチーノとほとんど変わりません。しいていえば、エスプレッソが入っているので、くすんだ緑色をしています。

問題の味なのですが、まず一口飲むと抹茶の苦みを感じます。そのあとに、ほのかにエスプレッソの強い苦みを感じたかと思うと、チョコレートの甘さがモワッと広がってきます。苦み・苦み・甘さ、苦み・苦み・甘さの連鎖が続いていきます。

苦みも甘さも力強いので、口のなかでケンカ状態。調和という言葉からは程遠い状況が繰り広げられて、思わずゲッホゲッホ! とむせるのです。

これは私(記者)の正直な感想ですが、人気を呼ぶほどおいしいとは言えません。いや、率直に言って、私はマズいと思います! あくまでも私個人の感想ですが。飲み終わったあとには、濃い苦みと濃い甘さが、まるで残骸のように口の隅々に残っています。ウガイをして一切洗い流したい気分。これが韓国で人気とはちょっと驚きです。食文化の違いでしょうか……。

ちなみに日本での料金は、ベンティサイズで650円です。興味のある方はお試しください。

レポート:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocketnews24


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング