【スターウォーズ】ダースベーダーの胸についてる機械は不完全! もっと良くなるように改良してみた

ロケットニュース24 / 2013年1月9日 12時0分

【スターウォーズ】ダースベーダーの胸についてる機械は不完全! もっと良くなるように改良してみた

人気映画『スターウォーズ』に登場する最大の敵・ダースベーダー。彼は過去の戦いで致命傷を負い、生命維持装置を装着して命を保っている。しかし実は、現代の地球科学における技術面からみても「ダースベーダーの生命維持装置」はかなり不完全でローテクノロジーらしい。

ジェダイに胸の機械のボタンを押されたらアウトになっちゃうレベル。ではどうすればもっと高性能な生命維持装置にして、もっと強いダースベーダーにすることができるのか!?

そこで今回! メカ技術に精通している漫画家・見ル野栄司(みるのえいじ)先生が「ダースベーダーを改良してもっと強くする方法」を漫画にしてくれたので、それを皆さんにお読みいただきたい(記者(私)が見ル野栄司先生に強引にお願いしてムリヤリ掲載許可を得たわけだが)。漫画は以下( http://wp.me/p25BsW-1bLg )から読める。

ちなみに見ル野栄司先生が描いた「映画に出た機械を徹底研究して改良する漫画本」が『シブすぎ技術製作所 / 映画メカ勝手に開発部』というタイトルで2~3月あたりメディアファクトリーから出るらしいのでチェックしてみよう。

見ル野栄司プロフィール
1971年生まれ。半導体製造装置やゲーセンのゲーム機などの設計開発の会社に勤務後、漫画家デビュー。技術者たちを描いた『シブすぎ技術に男泣き!』は数多くの読者の涙を誘い大ヒット。現在、リクナビNEXT Tech総研にて『セミコン見ル野のシブすぎ技術に男泣き!』を連載中。インコと立ち飲み屋と巨〇が好き。

参照1: 『キルビル』GOGO夕張のヨーヨーを強力に改良してみた
参照2: 『ターミネーター2』T1000(液体金属)を倒せる兵器を作ってみた
©2012 MEDIA FACTORY,INC.,All Rights Reserved.

強引に掲載許可を得て載せた人 : Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング