教諭(55歳)が女生徒にオリジナルラブソングをプレゼント → 女生徒「迷惑」 → 教諭懲戒処分に → 依願退職へ

ロケットニュース24 / 2013年1月16日 16時0分

教諭(55歳)が女生徒にオリジナルラブソングをプレゼント → 女生徒「迷惑」 → 教諭懲戒処分に → 依願退職へ

神奈川県教育委員会は2013年1月15日、女生徒に不適切な行為をしたとして、県立高校の55歳教諭に6カ月間の懲戒処分を下しました。

教諭は女生徒ふたりを相次いで呼び出して、抱きしめたとのこと。そのうち一人に対してオリジナルラブソングを披露したそうです。教諭はいったい何をしたかったのでしょうか?

読売新聞が報じるところによると、この教諭は音楽系の部活の顧問だったそうです。部員だったふたりの女生徒を抱きしめ、一人の生徒には「僕の中には世界中の女性で君しかいない」(読売新聞より引用)と好意を告げ、自作の曲をピアノで披露したとのことです。

女生徒は「迷惑に感じる」ときっぱり心中を明かしたそうなのですが、この後も教諭はメールを送っていました。ちなみに懲戒処分を受けた日に、この教諭は依願退職しています。このことについてインターネットユーザーは次のように反応しています。

・オリジナルラブソングを贈った教諭についての反応
「君しかいないって言ったのに2人呼び出したのが原因だな」
「歌えなかったラヴ・ソングを歌おう」
「うひぃいい」
「クソワロタ」
「2人に手を出した時点で愛じゃないと思うよ」
「キショクわるいなあ」
「この曲、聞いてみたい」
「気色わるっ!」
「なんて恥ずかしいやつ」
「まず二人呼び出したことについて」
「キモい!」
「二股ってとこが救えない」

……など。一部のネットユーザーが指摘しているように、「君しかいない」と言いながら、ふたりを相次いで呼び出したのはナゼ? とにかく、教師としてあるまじき行為。今後このようなことが起きないことを、願うばかりです。

Illustration:Rocketnews24
参照元:読売新聞


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング