ビビアン・スーだけじゃなかった! 台湾の天使すぎるアラフォー女優が話題に

ロケットニュース24 / 2013年2月6日 14時0分

ビビアン・スーだけじゃなかった! 台湾の天使すぎるアラフォー女優が話題に

アジアの妖精と呼ばれる「ビビアン・スー」。男女関係なく幅広い年齢層に人気の彼女だが、1975年の38才。年齢を重ねても変わらない透明感のある美しさが「妖精」と呼ばれる理由だろう。

ネット上で、ビビアンと同じくアラフォーの台湾人女優が天使すぎると話題になっている。ルビー・リン(林心如)さん、37才である。

ルビーさんはさる2013年1月27日に37才の誕生日を迎えた。それを祝って、バースデーケーキを前にダブルピース。ラフな格好でほとんど化粧をしていないようだ。その写真を中国版Twitter・Weiboにアップしたところ、あまりにも可愛らしいとネット上で注目された。

その写真についてネットユーザーは

「37……だと?」
「マジか!」
「えええええ!」
「若い!」
「全然変わらないね~」
「これは40になっても絶対カワイイよな」

と、驚きの声をあげている。

ビビアン・スーも38才、レッドクリフで小喬を演じたリン・チーリンは今年の誕生日で39才……しかし、3人とも20代だと言われても信じてしまうくらい若々しい。一体何なんだ!? 台湾は桃源郷なのかっ!? 3人には今後も妖精のままでいてほしいものである。

参照元:Weibo @林心如


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング