島根県で住民がダビデ像にパンツをはかせるよう要求か!? 海外でも話題に「エロアニメがOKでダビデはNG?」

ロケットニュース24 / 2013年2月7日 21時0分

島根県で住民がダビデ像にパンツをはかせるよう要求か!? 海外でも話題に「エロアニメがOKでダビデはNG?」

「芸術と見るか、わいせつと見るか」裸体を主題としたアートによく投げかけられる疑問だ。

現在、島根県の奥出雲町でこの論争が渦巻いているという。公園にミケランジェロのダビデ像のレプリカが設置されているのだが、教育上よくないとして裸体像に下着をはかせるよう一部住民が要求していると読売新聞が報じたのだ。

ダビデ像と言えば、世界で最も有名な石像である。このニュースは瞬く間に広がり、今、世界中から奥出雲町の判断は注目を浴びている。

奥出雲町の情報を発信しているブログ「奥出雲だより」によると、この像は2012年に同町出身の元建築会社社長の若槻一夫氏が寄贈したものだそうだ。同町の三成運動公園に設置され、住民を見守っているのだが、この巨大な像に一部の住民が困惑。「怖い」、「設置場所を変えてほしい」、「下着をはかせてほしい」という声まで出ているというのだ。

【このニュースに対する海外ユーザーの声】
「は……?」
「ミケランジェロのダビデだよ!?」
「日本はエロアニメはOKなのにダビデ像はダメなのか?」
「とてもエロ文化の国のニュースとは思えない」
「エロい目で見るからエロく見えるんだって」
「日本の男のは小さいから(笑)」
「不思議の国・ニッポン!」
「日本人ってわからん」
「日本にも保守的な町ってあるんだな」
「もうエイプリルフールは終わったよ」
「ちょっと、これマジなの? 翻訳ミスじゃないの!?」
「パンツをはかせたら景観が損なわれるのでは」
「パンツをはいた方がわいせつ感が増す気がする」

などと、今回の騒動に驚きの声が上がっている。

裸体像の「芸術か、わいせつか」という論争が起こったのは日本だけではない。お隣・中国でもミケランジェロ作の裸体像『ダヴィデ / アポロ』がテレビ放送された際、その下半身にモザイクがかけられ議論を巻き起こした。

その際は「モザイクをかけた方がかえってわいせつに見える」と、視聴者からクレームが殺到し、結局モザイクは外されたのだが……奥出雲町ではどのような結論を出すのだろうか。

参照元: 読売新聞奥出雲だより奥出雲を元気に!Mail Online(英語)
photo:Rocketnews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング