人面犬!? せつない顔のおじさんみたいなプードルが話題に

ロケットニュース24 / 2013年2月13日 7時0分

人面犬!? せつない顔のおじさんみたいなプードルが話題に

人面犬といえば、今から20年以上も前に日本でブームになった都市伝説です。体は犬で、顔が人間。言葉を喋り、口癖は「ほっといてくれよ」など。運動能力も驚異的で、走るスピードは時速100キロ、6メートルのジャンプ力があるといわれています。

そんな日本発祥の人面犬が、海の向こうの海外サイトで大きな話題になっています。犬の名前は「Tonik」。米ケンタッキー州の保健所にいたというプードルです。

Tonikが掲載されていたのは、海外の里親探しサイト『Petfinder』。写真をよく見ると、たしかに人間のような顔をしています。せつなく、悲しげな表情をしたおじさんのような……。

ちなみにTonikの詳細なプロフィールは、プードルとシーズーとの二重純血犬種で性別はオス。去勢手術も受けているとのこと。現在、250米ドルで里親を探しているそうな。いちはやく引き取り手が見つかることを切に願うばかりです。

寄稿:Pouch
参照元:Petfinder(英文)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング