「はいチーズ」じゃダメ!? 写真撮影時の正しい「自然な笑顔」の作り方はこうだ!!

ロケットニュース24 / 2013年2月27日 12時0分

「はいチーズ」じゃダメ!? 写真撮影時の正しい「自然な笑顔」の作り方はこうだ!!

写真を撮るときに多くの人が口にすることば「はい、チーズ!」。当たり前のように口にするこの文句。でも、どうして「チーズ」なんだ?? 「チーズ」じゃなければだめなのか? この鉄板ルールを一度でも疑ってみたことがあるだろうか?

「 “はい、チーズ!” は自然な笑顔作りの妨げになっている」と力説するのは Pleated Jeans氏。そんな彼の説く「写真を撮るときの自然な笑顔の作り方5つのステップ」をご紹介しよう。

ステップその1.「チーズ」と言うのをやめる
「チーズ」の「イー」という音を作るとき、口の両端が極端に横に引っ張られる状態になるので、笑顔が引きつってしまう。Jeans氏いわく、自然な笑顔を作るには最後が「アー」の音になる言葉が最適だそうだ。「チーズ」はやめて、「アー」音で終わるかけ声に変えてみよう。たとえば「ヨガー」とか「ばかー」とか。

ステップその2.笑う
自然な笑顔を作る一番の方法は、自然に笑うことだ。思い出し笑いでもなんでもいい。とにかく声を出して笑おう。

ステップその3.前歯の後ろに舌の先をつける
Jeans氏いわく「前歯の後ろに舌の先っぽをつける」と自然な笑顔になるらしい。英語の「L」を発音するときの舌の位置だ。舌先を意識してみよう。

ステップその4.顔の筋肉をゆるめる
笑顔が不自然になるのは、顔の筋肉に力が入り過ぎているから。特に口の両端と眼の端に力を入れすぎると笑顔が引きつってしまう。力を入れ過ぎないためには、最初に筋肉をゆるめることが大事! 笑顔を作る前に顔全体の筋肉の力を抜いてみよう。放心状態のみっともない顔になるだろうが、仕方ない。

ステップその5.以上4つのステップを同時に行う
さあ、仕上げの段階だ。ステップ1~4までを習得したら、最後はそれらを同時にやってみよう。これで最強の「自然な笑顔」が完成だ!

これを読んだだけでは、コツがつかめないという人はJeans氏が作成したYoutube動画「写真を撮るときの自然な笑顔の作り方(How to Smile Naturally for Photos)」を参照しながら、何度か練習してみるといいだろう。保証はできないが、きっと自然な笑顔が作れるようになるはずだ!

(文=佐藤 ゆき
参照元:Youtube pleatedjeansMashable(英文)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング