【中国】政治顧問委員がのんびり朝食を食べていて飛行機を乗り過ごす →逆ギレして大暴れ →空港設備を破壊

ロケットニュース24 / 2013年2月27日 20時0分

【中国】政治顧問委員がのんびり朝食を食べていて飛行機を乗り過ごす →逆ギレして大暴れ →空港設備を破壊

今、海外である動画が注目を集めている。撮影されたのは中国のある空港だ。この動画では飛行機に乗り遅れた男性が搭乗口で空港職員に詰め寄っている。そして逆ギレした男性は事もあろうに空港設備を手当たりしだいに破壊しまくるのだ。

それだけでも驚きの映像だが、この男性は政治顧問組織の一員であったことが判明し、さらに注目を集めている。

この動画が撮影されたのは2月19日だという。場所は雲南省の昆明長水空港。この日、空港には中国人民政治協商会議(以下、政協委)のメンバーであり地元企業の副理事である厳林昆氏が訪れていた。

中国の政協委は、共産党、国民党、及び各業界の代表が集い中国の国政に監督・助言をする組織、言わば政治顧問的組織のことだ。

当日、厳氏は遠く離れた広州の学校に行く子どもを送るため、11時5分発の広州行きの飛行機に乗る予定だったそうだ。しかし、空港で10時45分まで悠長に朝食をとっていたらしい。これはアウト! 当然、間に合うはずもなく飛行機に乗り遅れてしまった。

厳氏の凡ミスはこれだけに留まらなかった。厳氏はフライトを13時に変更。だが、今度は搭乗のアナウンスを聞き逃してまた乗り遅れてしまったのだ。「テヘッ☆ またやっちゃった」と済ましたならハートフルドジっ子ストーリーだったのだが、厳氏はまさかの逆ギレ。とんでもない暴挙に出たのである。

「俺はファーストクラスの客だぞ!! どういうつもりだ!!!!」「なんで私がこんな目に遭わないといけないんだ!?」

彼は、空港スタッフに詰め寄り、カウンターにあったパソコンを投げて破壊。また、カウンターのケーブルを引きちぎったかと思えば、看板を振り回して空港の窓ガラスを割ろうとしたりと、政協委員とは思えない八つ当たりぶりを発揮した。

この動画についてネットユーザーは

「自分のせいじゃないか」
「“俺はファーストクラスの客だぞ”って……」
「席なんて関係ないだろ」
「遅れた方が悪い」
「恥ずかしい!」
「警備員仕事しろよ」
「ワガママ」
「ちょ……外国にも拡散してるよ。勘弁してよ」

などと、呆れた声が多い。

このニュースは瞬く間に広まり、それを受けて厳氏は空港に謝罪。「委員として冷静さを欠いた行動だった」「子どもの前であるまじき行動をとった」などと反省を口にしているという。なお厳氏が勤める会社は彼を停職処分とし、壊した備品については弁償するとしている。

(文=沢井メグ
参照元:Youtube BJCreamET today(中国語)

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング