人生はいつどこで何が起こるかわからない! あるアメリカ人青年の「人生を変える出会い」に世界中がほっこり

ロケットニュース24 / 2013年3月3日 11時0分

人生はいつどこで何が起こるかわからない! あるアメリカ人青年の「人生を変える出会い」に世界中がほっこり

人生はいつ、どこで、何が起こるかわからない……そんなことを実感させてくれるような出来事があるアメリカ人青年の身に起き、いま世界中から注目を浴びている。

米インディアナ州に住むジャキール・レーガンさん(18)はある日、仕事を得るためアルバイトの面接先へ向かって歩いていたときに、人生を変えるような出会いをすることとなった。この出来事がFacebook上で語られると、多くの人々が彼の出会いに感銘を受け、大きな反響を呼んでいるのだ。

その日は雪が降っていた。悪天候のなか、ジャキールさんは面接を受けるために自宅を出て歩き始めた。途中でたまたま通りがかった男性アート・ブーヴィエさんに、目的地まであとどれくらいの距離があるかを尋ねたところ、「10キロはある。雪も降っているからバスを使ったほうがいいよ」と言われたそうだ。しかし、彼はお礼だけ言って再び歩き始めた。

それからしばらくして、アートさんがコーヒーを買いに行こうと車を走らせていたところ、さっきの青年がまだ歩いているのを発見。なんとジャキールさんは、10キロはある道のりを雪の中、ひたすら歩き続けていたのである。不憫に思ったアートさんは声をかけ、方向が同じだったことからジャキールさんを乗せていってあげることにした。

目的地までの車中で、アートさんがなぜ歩いていたのか尋ねると、ジャキールさんは「アルバイトの面接に行くところだが、バスに乗るお金がない」と語った。さらに、2年前に母親を亡くし、妹や弟たちの面倒をみなければいけないことも打ち明けた。

話を聞き、最低賃金7.25ドル(約670円)のアルバイトに就くため、こんなにも頑張る青年にアートさんは心打たれた。そして、自らが経営するレストランで働かないかと申し出たのだ。しかも倍の時給を出すことを約束した。

突然の出来事に、ジャキールさんは喜ぶと同時に非常に驚いたそうだが、それは彼だけではなかった。アートさん自身、自らの体験した出会いが印象的だったため、彼はFacebookにその出来事を記録した。

すると、あっという間に「いいね!」の数が増えていきメディアにも取り上げられて、彼らの出会いは世界中に知られることとなった。国内外からジャキールさんへの応援メッセージが届き、さらに話を聞いた地元公共交通機関が、年間フリーバスチケットを提供するなど、大反響を呼んでいるのだ。

この状況に、当の二人はただただ驚いているとのこと。人生はいつ何が起こるのかわからないことを、彼ら自身がいちばん実感しているのだろう。出会いに感謝することの大切さを再確認させてくれる出来事である。

参照元:YouTube AreYouinTheKnowMail Online(英文)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング