家中の壁や床すべてがタッチスクリーンに / スマホならぬ「スマートハウス」がすごい!

ロケットニュース24 / 2013年3月5日 16時0分

家中の壁や床すべてがタッチスクリーンに / スマホならぬ「スマートハウス」がすごい!

スマートフォンならぬ「スマートハウス」が話題になっている。「スマートハウス」とは家中の壁や床など至るところにセンサーやプロジェクターが搭載されており、ジェスチャーや言葉による操作で壁上でSNSを閲覧したり、チャットをすることができる家なのだ。

この「スマートハウス」を目下開発中のスペインのデザイン事務所「Think Big Factory」が作成した紹介ビデオを見ると、まるでSF小説にでも登場しそうな近未来的なライフスタイルが描かれている。それはまさに想像を超えるものだった!

そんな「スマートハウス」でできることを一部紹介しよう。
・FacebookやTwitterといったSNS、またEメールの内容を壁に映し出す
・チャット相手を等身大サイズで壁に映し、ビデオチャットをする
・壁をスクリーンに、ネットショッピング。洋服のサイズも等身大で映し出す
・寝室の壁全体に「巨大なデジタル目覚まし時計」を映し、タッチして操作
・音楽再生も可能。もちろんジェスチャーで操作

などなど、とにかく壁や床という家中のあらゆる場所をスクリーンにし、タブレット端末でできるようなこと、いやそれ以上のことを可能にするのだ。

基本的にシステムは全てジェスチャーか言葉によって操作する。よって、これまでの電子機器に必要だったキーボードやリモコンによる操作は不要に。そして、ハイテクな設備を搭載しながらも、ハードウェアは外から見えないよう隠しているため、見た目は普通の家と変わらない、というのもポイントだ。

このプロジェクトのディレクターIon Cuervas-Mons氏によると「ハードウェアは完成したが、ソフトウェアの方はまだ40パーセントほどしか完成していない」とのこと。プロジェクトは3年前にスタートしており、スペイン北部に試作の「スマートハウス」を建設中なのだそうだ。

こんな「スマートハウス」に住めるようになるなんて、まだ現実には想像できないが、意外と近い将来に実現するのかもしれない!? 特にネットヘビーユーザーにはたまらないライフスタイルかもしれないが、同時にネット中毒が加速するのも覚悟しておいた方がいいだろう……。

(文=佐藤 ゆき
参照元:Mail Onlinevimeo(英文)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング