【裏・秋田名物】たいあん弁当の『とりからあげ弁当』がスゴイ / 大盛りすぎて肉が弁当箱からハミ出る!

ロケットニュース24 / 2013年3月6日 11時30分

【裏・秋田名物】たいあん弁当の『とりからあげ弁当』がスゴイ / 大盛りすぎて肉が弁当箱からハミ出る!

秋田名物といえば比内地鶏! きりたんぽ! 金萬! 稲庭うどん! しょっつる鍋! いろいろと名物があるが、皆さんが好きな秋田名物はどれだろうか。筆者(私)は秋田産のトンブリが好きである。

実は「裏秋田名物」が存在するのをご存じだろうか? 秋田市民がこよなく愛する、たいあん弁当の『とりからあげ弁当』である。それ知らないとすれば、あなたはまだまだ “秋田ツウ” とはいえないかも!? 実際に食べてみた。

たいあん弁当は20年以上前から秋田市で展開している弁当屋で、中学生にも、高校生にも、大学生にも、そしてオトナにも愛されている弁当屋なのである。人気の理由? 美味しいのは当然として、その人気の秘密は『とりからあげ弁当』にある。

なんと! 通常サイズを注文しても、からあげが大盛りになっているのである! つまり大盛りがデフォルト。あまりにも大盛りになっているため、弁当箱からからあげがハミ出してしまうのだ。

ただでさえ大盛り状態の『とりからあげ弁当』だが、ラッキーな場合は「さらに大盛り状態でからあげが詰め込まれている場合」があるという。このからあげにはレモンなんてかけない。そのまま食べるか、塩をかけるか、ソースをかけて食べる。

中学生や高校生だったとき『とりからあげ弁当』を買っていた人物によると「たいあん弁当の『とりからあげ弁当』にはソースしかかけません! ソースをかけて食べるのがいちばん美味しいのです! クリスピーな衣にソースの香ばしさがプラスされて最強! いまは420円。昔は300円台だった気がしたなあ」とのこと。

なかには、新幹線に乗って移動するとき駅弁の代わりに『とりからあげ弁当』を買う人もいるという。実際に食べればわかるが、ジューシィーな鶏肉とカリカリサクサクな衣が絶品すぎる。これはハマる。秋田に行ったら秋田名物たいあん弁当の『とりからあげ弁当』でキマリだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 たいあん弁当 手形店
住所 秋田県秋田市手形字山崎110-2
時間 10:30〜24:00
休日 火曜日

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング