2011年にファミマから発売された『スライム肉まん』を2013年に解凍して食べてみた

ロケットニュース24 / 2013年3月6日 11時0分

2011年にファミマから発売された『スライム肉まん』を2013年に解凍して食べてみた

2011年にファミリーマートから発売された『スライム肉まん』。これは人気テレビゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズに登場したモンスターをデザインして作られた肉まんで、多くのゲームファンが購入した。一部のファミリーマートでは、蒸す前の冷凍『スライム肉まん』を袋ごと販売していた。1袋6個入りである。

筆者(私)も2袋を購入して冷凍保存していたのだが、そのまま忘れて放置。2013年3月になって思い出し、袋を冷凍庫から取り出してみたところ、消費期限が2013年4月ではないか! これは早急に食べなくては! ということで、冷凍庫から発掘した『スライム肉まん』を蒸して食べてみることにした。

よくよく考えてみたら、筆者の家には蒸し器がない……。仕方ないので蒸し機能がついたオープンを使用(東芝の石窯ドーム)。それを使って、凍りついた『スライム肉まん』を眠りから覚めさせることにした。

袋から飛び出した『スライム肉まん』たちは元気な笑顔をしているものの、全身に霜がこびりついている。ちょっと変色している部分もあるようだが、普通の家庭用冷凍庫よりも低温になる冷蔵庫を使用しているので、腐っていることはないはず(たぶん)。

オープンのスチーム蒸し機能で40分ほど蒸す。本当は25分くらいでイイらしいが、スチーム機能でふっくらとさせたいので50分ほど蒸す! 25分×2回! そして50分後、ドアを開けると顔色が良くなった真っ青の『スライム肉まん』が登場! 1年以上の眠りから復活キターーーーー!

ドキドキしながら半分に割ってみる。悪いスライムじゃないのに割ってしまってごめんね。クンクン! ……よし! ニオイから判断するに腐ってない! 美味しそうなニオイに我慢できずバクッとかぶりつく。……うっ! うっ! うんめぇぇぇーーーーッ!

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング