【写真集】ミャンマーを走る「日本からやってきたクルマ」たち / 路線バスや商用車など

ロケットニュース24 / 2013年3月17日 12時0分

【写真集】ミャンマーを走る「日本からやってきたクルマ」たち / 路線バスや商用車など

海外に行った際の楽しみのひとつといえば、その国を走るクルマを見ることだ。バスやタクシー、運送トラックに乗用車……と、様々なクルマが活躍している。いかにも「その国」っぽいクルマが走っていると、異国に来たことを実感する。

その一方、ミャンマー(ビルマ)の路上には、どこか見覚えのあるクルマが数多く走っている。よーく見ると、日本語が書いてある。そう、日本から輸出された中古車たちだ。ということで今回は、現地で撮影した「日本からやってきたクルマ」たちをご紹介したい。

・神奈中バスに名鉄バス!
まず、よく遭遇するのがミャンマー人たちの足となる路線バス。完全にミャンマー仕様になっているバスも多いが、なかには「神奈中バス」や「名鉄バス」などが、そのままの姿で活躍しているのだ。

・大阪からやってきた!
タクシーもよく見ると、日本語のシールが貼ってある。大阪府が発行した、環境保全規約の「適合車」シールである。「そうか、このクルマは大阪から運ばれてきたのか!」と思うと感動もひとしお。

・商業車もアツい!
ほか、「株式会社大分ベニヤ商会」と書かれたトラックや、懐かしの「東京デジタルホン」、あの「福山通運」のトラックなども、そのままの姿で物資を運んでいたりする。

・お絵描きバス!
感動的なのは、日本のどこかの市営「お絵描きバス」が走っていたこと。チビッコたちが描いた絵も、そのままの姿で走っているのだ。この絵を描いたチビッコたちが、ミャンマーの地で自分の絵を見たらと思うと、なんだか胸が熱くなる。

日本での役目を終えた働くクルマたちは、遠く離れたミャンマーの地で、第二の人生(車生)を送っているのだ。見覚えのあるクルマはあるだろうか?

執筆:GO
photo:RocketNews24


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング