中国製の大容量モバイルバッテリーを開けたら「大容量の砂袋」が入っていたでござる

ロケットニュース24 / 2013年3月25日 7時0分

中国製の大容量モバイルバッテリーを開けたら「大容量の砂袋」が入っていたでござる

アグレッシブにモバイル機器を使うユーザーにとって、ネックとなるのがバッテリーの残量だ。どんどん減っていくバッテリー。充電したいけど、今は外! そんな時に役立つのが通称「大容量モバイルバッテリー」である。

2〜3回ぶんはフル充電できるだろう。なんせ大容量なのだから! ところがどっこい、中国産の大容量モバイルバッテリーがトンデモないシロモノだったとのことなのでご報告しておきたい。

・大容量24000mAh!
問題の商品を購入したのは台湾のモバイルユーザー。ズシリと重い、24000mAhの大容量。メイド・イン・チャイナであり、中国・深センにあるメーカーによって作られた商品であるという。どうも怪しいと思ったのか、パカリと分解してみると……

なんと、砂袋が入っていたのである! それも2つ! しかもデカい!

一応、1本だけリチウムイオン電池が入っているが、ボディサイズからして6本は入ったはず。しかし、5本ぶんのスペースに入っているのは2つに小分けされた砂袋のみ。大容量どころか、一回フル充電できるかどうかも疑わしい。中国産の「大容量」には要注意だ。

参照元:M.I.C gadget(英語)
執筆:GO


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング