【男性必見】サウナによく行く男性は精子が少ないという研究結果 / 精子作りに熱は大敵

ロケットニュース24 / 2013年3月31日 21時0分

【男性必見】サウナによく行く男性は精子が少ないという研究結果 / 精子作りに熱は大敵

ある研究によると、ここ10年で男性の精子の数は38パーセントも減少しているという。食生活など、様々な生活習慣が影響しているとのことだが、「サウナ」も「精子作りに悪い習慣リスト」入りを果たしてしまったようだ。最新の研究で、サウナによく行く男性は精子が少ないことが判明したのだ。

さらに、専門家によるとその原因は「熱」にあるという。睾丸が熱くなると、精子を作る機能が弱まるらしいのだ。

・3カ月間サウナに通ったところ、精子が減少
イタリアのパドヴァ大学の研究チームは、30代のフィンランド人男性を対象に実験を行った。参加者には、3カ月間、週2回、毎回15分という頻度でサウナに通ってもらった。実験開始時と終了時で、参加者の精子の数を調べたところ、終了時には精子の数が減少していることが判明。なお、その後サウナ通いを止めると、6カ月後には元の数に戻ったそうだ。

・睾丸の温度が上昇すると生殖機能に影響が出る
今回の結果について、メリーランド大学医学部のアンドリュー・クレイマー教授は「サウナの熱が原因」と説明している。「サウナに入っている間は陰嚢の温度が約3度上昇する。それが精子を作る機能に影響を与えているのだろう」とのこと。

クレイマー教授は「睾丸は低い温度を保つために、身体からぶらさがっているんだ。睾丸が垂れていないと、精子を作る機能や生殖能力が弱まる」ともコメント。要は睾丸にとっては熱が大敵、ということらしい。過去にはノートパソコンを腿の上で使用すると、パソコンの熱が精子を傷つけ、生殖機能に影響が出ると発表した研究もある。

・研究チーム「社会への注意喚起が必要」
実験を行った研究チームは「サウナが日常生活に普及している国では、医者は妊娠しにくくなる可能性があることを注意喚起すべきだ」と主張している。サウナが身近な存在である日本はまさに対象国ということに!?

あまり神経質になるのもどうかと思うが、パートナーの妊娠を望んでいる男性は睾丸の熱し過ぎには気をつけた方がよさそうだ。

参照元:Mail Online(英文)
執筆:佐藤 ゆき
photo:flickr MiikaS


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング