【知ってた?】ペヤングの容器は2重構造になっている! 取り分け容器にすることも可!!

ロケットニュース24 / 2013年4月1日 12時0分

【知ってた?】ペヤングの容器は2重構造になっている! 取り分け容器にすることも可!!

自分では常識だと思っていたことが、実はみんな知らなかったりするものだ。ということで今回お伝えしたいのは『ペヤングソースやきそば』のプチトリビア。意外と知らない人が多いようなので、これを機に覚えておいていただきたい。

どんなトビリアなのかというと……ずばり、「ペヤングの容器は2重構造になっている」ということだ!

・実は半透明の「内容器」が被さっている!
麺の入っている容器をよ〜く見ると、半透明の「内容器」が被さっていることがわかる。いわゆる2重構造だ。そして、その内容器を引き出してみると……ぬおおおっ! 麺の容器が2つになったぞ!!

・いつから2重構造なのか?
ちなみに数年前、この2重構造について「まるか食品株式会社」に問い合わせをしたことがある。一体いつから2重構造になっていたのかを聞いてみたところ、「発売当初から2重構造です」との返事。なんと39年前から2重構造だったのだ!

・なぜ2重構造なのか?
さらに、なぜ2重構造になっているのかについて聞いてみたところ、「お湯を入れて持った時にヤケドしないため」との返事だった。なるほど確かに熱くない。ものすごい昔からペヤングを食べていたのに、なぜ数年間もの間この「内容器」に気付かなかったのだろう。

・取り分け用の容器にすることもできるぞ!
ペヤングの2重構造は「ヤケドしないため」であるが、私は数年前から “取り分けしたいときの容器” としても使っている。友人と半分こしたいときに使うのだ。フタも使えば3人ぶん取り分けられる。1杯のペヤングを3人で……ヤケドするほどのアツい友情だ。

Report:GO


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング