【グルメ】ウクライナ観光に行ったらウクライナ料理のバイキング食堂を楽しもう

ロケットニュース24 / 2013年4月3日 2時13分

【グルメ】ウクライナ観光に行ったらウクライナ料理のバイキング食堂を楽しもう

ウクライナといえば独特の苦さが美味しいドリンクのクワス、ロシアの名物と勘違いされているけどウクライナが発祥のボルシチ、そしてビーツをふんだんに使ったクリーミーなサラダなどが有名です。

パンを器にしたスープも人気がありますね。でも、あまりにも美味しそうな料理がたくさんありすぎて、旅行期間中にすべてを食べるのは難しいかもしれません。そんなときは、バイキング食堂に行きましょう。

バイキング形式でウクライナや近隣諸国の料理を食べられる食堂が、ウクライナの首都・キエフには数店舗あります。でも自分で取って盛り付ける形式ではありません。おばちゃんにお願いして「アレとコレとソレをください」と指で指示をしていきます。

注文しすぎると、普通のレストランレベルの価格になってしまうこともありますが、サラダ1品、メイン2品、スープ1品、スイーツ1品、ドリンク1品くらいならば、日本円で1000円はいかないでしょう。

オススメの料理はもちろんボルシチ。クリームの酸味がさっぱりとしたスープ味によく合います。そしてフワフワっとした食感だけどコッテリとしているビーツのサラダも美味。サーモン焼きはクワスと一緒に食べるとピッタリ。ピクルスも忘れずにかじっておきましょう。

Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング