【画像あり】レイプが多発するインドで学生たちが開発した電気ショック&通信機能付きの「レイプ撃退下着」に世界も注目

ロケットニュース24 / 2013年4月4日 10時0分

【画像あり】レイプが多発するインドで学生たちが開発した電気ショック&通信機能付きの「レイプ撃退下着」に世界も注目

2012年12月にインドで起きた集団強姦事件は記憶に新しい。バスに乗っていた女性が、6人の男からレイプ・暴行された後に車外に投げ出され命を落とすという、あまりにも残虐な殺人事件だ。この出来事は世界中に衝撃を与え、インド国内では性犯罪の刑事罰強化などを求めた抗議デモも繰り返し行われている。

そんななか、IT国家でもあるインドの学生たちが、「レイプ撃退下着」なるものを開発したという。しかも、すでに大量生産に向けての調整段階に入っており、2013年4月中には商品化できる予定とのことで、いま世界中から注目を集めているのだ。

・最初に狙われやすいのは胸
開発に取り組んだのは、工学部に所属する大学生3人。彼らはまず、女性を対象にしたアンケートや警察への聞き取り調査を実施した。その結果、犯行が行われる際に、被害者の身体で最初に狙われやすいのは胸であることが判明。この事実をもとに、彼らは胸元に取り付けられるレイプ撃退装置の開発を決めたという。

・レイプ犯を電気ショックで撃退
完成したのは、ブラ付の下着。胸元部分にセンサーが取り付けられており、圧力がかかると電流が流れて相手に電気ショックを与える仕組みになっている。電流の放出は、最多で82回まで可能とのこと。

・GPSやGSM機能も搭載
さらに、この下着にはGPS機能が付いており、被害者の居場所を特定できるようになっている。また、携帯電話通信方式のひとつとして世界的に使用されているGSMも搭載されている。これにより、被害に遭ったらすぐに家族や警察へ緊急連絡として知らせることが可能だという。

・学生「この下着を開発するのはすごく簡単なことだった」
開発にあたった学生によると、「レイプ撃退下着の製作はとても簡単だった」とのこと。その本心には、皮肉まじりの憤りさえ感じられる。

「この下着に用いられている機能はどれも既存のものばかりで、それらをただ組み合わせただけです。それでもこの国の深刻な問題に対処するためには、自己防衛の方法を考えなければと思いました。政府に頼っていては、法律ひとつ作るのにも時間ばかりかかってしまい、何も解決しないのです」と、彼らは語っている。

・2013年4月中には商品化予定
彼らは、2013年4月中の商品化を目指しているという。すでに大量生産のための最終調整に入っているとのことで、インドの女性たちがこの下着で自分の身を守るようになる日もそう遠くはなさそうだ。

将来的には、現段階の下着をさらに改良していく予定とのことで、すでにそのための案もいくつか出ているという。彼らの今後の活躍にますます期待が集まっている。

参照元:techpediaBuzzFeed(英文)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング